梅さんの投稿小説


作品リスト 更新
魔法少女リリカルなのは‐道は違えても親友‐ 本編
企画小説
魔法少女リリカルなのは‐道は違えても親友‐ 短編小説 『刹那の奇跡』
魔法少女リリカルなのは Blank Rise Heart



魔法少女リリカルなのは‐道は違えても親友‐

目の前に起こる出来事は何もかもが初めてで。

まるで自分が不思議の国のアリスにでもなった様な気分でした。

眼前に迫る不思議がとても怖くて、驚きで、わくわくして、
頭の中がごちゃごちゃです。

私はきっと立派な人間なんかじゃありません。

だから私は、私の守りたいものを守っていきます。


なぜならそれが私にとって大切なものだから。

「魔法少女リリカルなのは」の二次創作、始まります。

キャまさんの『キャまのほんや』でも投稿されている梅さんの小説です。
主人公はオリキャラであるものの、
男じゃなくてあえて女と言う珍しい作品です。
私としてもイチオシの作品です♪

本編
登場人物設定
プロローグ 「オリキャラが転入なんてぶっちゃけベタ」
第一話「実際に交番に10円なんて持ってったら警官の人も面倒だと思う」
第二話「今夜は魔法でバーニングー!」
第三話「好きな菓子パンが賞味期限切れになると妙な敗北感になる」
第四話「他所ん家のお母さんが綺麗かどうかは化粧をとってから」
第五話「クラスに絶対一人はいるよね。全科目が得意科目って子」
第六話「眼前でハーレム漫画な展開があるなら、あなたはどうする?」
第七話「甘いものは別腹でも行き着く所は同じ」
第八話「横目でちらっと見てごらん。大抵の人は自分の曲選んでる」
第九話「普段おとなしい人ほど趣味の事になると人格変わる」
第十話「主人公はデフォルメで悲しい過去を持っている」
第十一話「お風呂は肩まで浸かって10秒数えなさい<前編>」
第十二話「お風呂は肩まで浸かって10秒数えなさい<後編>」
第十三話「親馬鹿なお母さん程、将来は口うるさい姑になりやすい」
第十四話 「いくつになっても怖いものは怖い」
第十五話「意味のない自分ルールもそこだけは譲れない」
第十六話 「運動会は片付けの手伝いまでが運動会<前編>」
企画小説
2009年バレンタイン記念小説「チョコを食べるならまず冷蔵庫へ」
2010年バレンタイン記念小説「愛」
番外編4コマ劇場 その@


魔法少女リリカルなのは‐道は違えても親友‐ 短編小説
『刹那の奇跡』(刹那xすずめ)
前編「ラブコメって笑いがあってこそのラブ・コメディ」
後編「でもやっぱりラブあってのラブ・コメディ」


魔法少女リリカルなのは Blank Rise Heart

渡されたのは1枚の食券。
手にしたのは銀色のスプーン。
出会いが導く偶然が、良い匂いを放って動き出していく。
つながる想いと、始まる物語。
いざ、この得盛りチャーハンを食したいと思います。
やっぱり、もう2杯追加で。

梅さんが送る第二作目。
こちらは時系列がSTSのようです。

登場人物設定
プロローグ「移動」
第一話「洞察」
第二話「出撃」
第三話「AMF」
第四話「理由」
第五話「才能の壁」
第六話「今」
第七話「恐怖」
第八話「休暇」
第九話「急襲」



戻る