228406

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
投稿小説感想掲示板

[ホームに戻る] [スレッド表示] [ツリー表示] [トピック表示] [新着順表示] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
[ 指定コメント (No.2647) の関連スレッドを表示しています。 ]

「白きツバサが堕ちる時」の突っ込みどころ 投稿者:MG - 2010/11/05(Fri) 13:18:07 No.2633  引用する 
なのは(無印) 「・・・だれがそれを頼んだ・・・なぜ管理をする必要がある、そもそも大半の物は我々幻想種の持物が多いのだ、人に使いこなせるわけが無かろう、それに管理するだと、どうせその技術を奪って自らの組織拡大に使っている者達がいう台詞か!!!」
第二十九話「サトシの過去と管理局の消した過去の話(後編)」より

ロストロギアの大半が幻想種とやらの持ち物なら、ロストロギア事件の大半は幻想種の管理責任が問われるんじゃないのか?
自分の持ち物くらい管理しとけよ。
危険物放置しといて他人が手を出せば盗人呼ばわりか。
ゴミ屋敷の主人みたいな言い草だな。

「このリスティが言った事は闇の事件で使われたアルカンシェルの事であり、使われたら最後日本の総人口の半分は謎の消滅し残りの半分は大津波で日本はその日限りでその歴史に幕を閉じていた程の威力である。」
第三十話「管理局のおかしな法律と交渉編(前編)」より

放置しておけば日本どころか地球が消滅していたけどな。
そもそも公式ではそこまで威力なかっただろ。

「でも・・・フェイトもよく考えないで子供をよく保護するよね、確かに管理局の法が通じる所ならば別にフェイトがその子を保護してもいいけど管理局の法が聞かない所だったら、孤児を育てる場所・施設があるはずだからそこに任せればいいと思うんだけどな、はっきり言って管理局の法が聞かない場所だったフェイトちゃんはただの子供を誘拐した犯罪者だよ」
第五十話「その頃〜地球では」より

公式ではそんな事してないから。
つーか、管理局も認めるわけないだろ。管理世界の人間を何だと思ってるんだ?
すずか達の言い草も一々イラつく。こいつら本当になのは達のこと友達だと思ってるのか?何かあったらアッサリ見捨てて敵になりそう。

他にも色々あるが、サトシとやらには本当にイラつかされる。
チートパワーでごり押しするだけ。本当に次元の魔女と親しいのか?飛王よりこいつのほうが遥かに自重してないだろ。クロウ・リードが陰険魔術師なら、こいつはチンピラ魔人。ロードが聞いてあきれる。
なぜか、一部のキャラにはやたら好かれてるけど、完全に悪役。
「ばかなっ!?人間如きに、この私がぁ!!」
とか言って、マンセーしてるバカ女ども諸共くたばってくれたらさぞかし痛快な傑作になるだろうが、まあ無理だろうな。

Re: 「白きツバサが堕ちる時」の突っ込みど... 投稿者:ムーン - 2010/11/21(Sun) 21:37:54 No.2637  引用する 
リインU 名無し様 感想・小説等ありがとうございます。

ロストロギアの大半が幻想種とやらの持ち物なら、ロストロギア事件の大半は幻想種の管理責任が問われるんじゃないのか? 
自分の持ち物くらい管理しとけよ。
危険物放置しといて他人が手を出せば盗人呼ばわりか。
ゴミ屋敷の主人みたいな言い草だな。

管理者・また盗品防止用の魔法やトラップは流石に幻想種も用意しております。 

ただロスト・ロギアと呼ばれる物の大半はリリカルの公式では既に崩壊した世界のオーバーテクノロジーの略称であり。 ちゃんとサトシも自らの財産は管理しています。

これはホリックロウ偏を見れば分かると思いますが他の種族もその財産を狙って常に奪い合いが繰り広げられている為に遺跡の防衛機能がなくなっている所は管理局の局員がそのまま持っていっているようです。 

これはなのは達がレックリを運搬する話と三大提督の若い時の話にループする遺跡として話の中に登場させています。 


アルカンシャルの威力ですけど 実際人間がはる結界は簡単に威力で崩壊してさらには大規模な津波が日本近海で起きるので、下手すると日本は島国としては消滅します。

運よく残るとしたら 富士山から北海道など北の地方ぐらい残ると計算して書いた話だったので。 間違っていたらすみません、でも東海道地震が起きればある程度の被害が起きると書かれているホームページを見てそれを資料にして書いたので。 まことにすみませんでした。


管理局の人間が行っている事が正義ではありませんし。
実際に管理外世界で事件が多く行われている場所に行っているフェイトの職業とまたコミックス等でフェイトがそのような事件にあった子供を保護して管理局の施設に預けているのは事実ですから これは公式に書かれていることです。 

仮に日本の国宝である【オリジナルの草薙の剣】が発見されてそれがロスト・ロギア反応が出ていたら 確実に管理局員が出てきて それは危険なものだから自分達が管理しますと勝手な言い分でオリジナルを持っていこうとしたら? 

当然日本の国宝なので日本政府は受け渡しは拒否しますよ
そうしたら当然のごとく管理局は自分達の法を重視して問答無用で魔法で回収して終わりでしょうね。

危険な魔法で出来ている物だから 魔法がない文化に魔法文化で出来ている物を管理局の許可なく持つことは違法だからということで。 

それと一緒です それに現在はあの脳みそ達が運営している管理局ですよ あんな組織には確実に闇の部分があって
その実行部隊が拉致とかしても自分達の法が正しいといいわけするに決まっています。 

三権分立をしてない警察と軍隊との融合組織がその組織の立ち上げ許可わ出したミッドチルダ政府より決定権や命令系統が上ということ自体おかしいです。 ある意味独裁国家と同じですからね。 

あとサトシはちゃんと対価を払って力を使っています。
その為に次元世界が舞台の話では地球から離れなれないのではなくその場所にとどまり続ける事である程度干渉出来るという対価を支払っています。

実際に次元の魔女も圧倒的な力を有しては居ますが対価を支払わないと力が発動できないというジレマンもありますよ。

Re: 「白きツバサが堕ちる時」の突っ込みど... 投稿者:鬼火 - 2010/11/23(Tue) 13:14:00 No.2638  引用する 
ウーノ(2)  横合いからちょっと失礼します。
 失礼ながらムーン様の作品を拝読した事は無いのですが、少しばかり気になった事がありまして。

 アルカンシェル関連についてまでは、ムーン様の作品内における設定や考察という事で良いのですが。
 そこから下、『フェイトが担当事件で被害に遭った子供を保護している』、『管理局の人間が行っている事が正義では無い』という点について、少々指摘を。

 ムーン様の仰る通り、フェイトが被害児童を保護し、その保護責任者となっているのは事実であり、公式設定です。作中には登場していませんが、エリオやキャロ以外にも複数名の保護児童が居るとされています。
 が、名無し様が「公式ではそんな事してない」と指摘しておられるのは、『管理局の法が効かない場所(管理外世界)で現地の保護機関を無視して保護する』という点では無いかと思う訳です。
 現在の中東や冷戦終結直後の東欧など、孤児の保護をしていられる状況に無い国は幾らでも存在します。そういった国に放置していくよりは、次善の選択として管理局に保護させた可能性も否定出来ません。
 また、犯罪に巻き込まれる過程でどこから誘拐されたのか解らなくなる子供も居るでしょう。その場合、一体どこの保護施設に預ければ良いのかが不明になる訳です。フェイト達は管理外世界では国籍も何も無い、身分証明すら出来ない立場なのですから、現地の施設に『この子をお願いします』と引き渡す事すら出来ません。逆にフェイトが誘拐犯扱いされてしまいます。
 そういった、『管理外世界に放置しておけない状況にある子供』を保護しているのではないか? という解釈も成り立つ訳です。
 勿論、公式でそうと明言されている訳ではありませんが、ムーン様が作中で主張しておられる『管理外世界で現地の保護機関を無視して保護する』も同じく公式で明言されてない以上、(推定無罪の思考から)フェイトの行動を悪く解釈する事には疑問を覚える次第です。

 次に。管理局の行いが正義では無い、という点について。
 『身勝手な言い分でロストロギアの引渡しを要求』『拒否されれば問答無用で回収していく』。これ、原作で一度もやってないし、言及もされてない事です。『管理局の許可無くロストロギアを持つ事は違法』という点も同様です。
 また『その実行部隊が拉致とかしても自分達の法が正しいといいわけするに決まっています』との事ですが、これも『管理局がそんな事をしていた』というのが原作で一度も出てきていない。更に『決まっています』と仰っているという事は、これムーン様の推測な訳です。証拠になりません。
 加えて、『三権分立をしてない警察と軍隊との融合組織がその組織の立ち上げ許可を出したミッド政府より決定権や命令系統が上』ですが、これ、ミッド政府なるものが原作で出てきていないだけで、決定権や命令系統の関係については言及されておりません。詳細が判然としていないものを、『おかしい』『独裁国家と同じ』と断言されておられる訳です。
 やや強い表現になってしまいますが、ムーン様の考える管理局像というものは、大半が捏造・妄想で成り立っているとしか考えられません。言ってもいない事・やってもいない事を根拠として引き合いに出し、物事を悪意をもって解釈しておられます。
 それがいけないとは言いません。ムーン様の作品内における管理局は原作のそれとは違う、名前だけ同じ別組織という位置付けであれば問題は無いでしょう。が、その場合、批判に対しては『私の小説ではフェイトが犯罪者という設定です』と言うだけで済むのです。
 管理局はこういう組織なんだから、フェイトもこういう事をやるのは当然。ムーン様の仰る事の趣旨はそういった感じと思われますが、そもそもその『こういう組織なんだから』が原作とかけ離れている以上、何の説得力もありません。正当性の主張が完全に破綻しておられます。

 長々と失礼しました。
 部外者の言う事ですので、あまりお気になさらず。
 

Re: 「白きツバサが堕ちる時」の突っ込みど... 投稿者:ムーン - 2010/11/25(Thu) 06:31:45 No.2639  引用する 
リインU 鬼火様 感想と指摘ありがとうございます

フェイトの行動についてですが、確かにその可能性を入れ忘れたまま話を書いていたようで申し訳ありませんでした。

ただちゃんと保護したのだから自分が面倒見られるだけで
人数だけを保護するというのが一般常識なのでそれを考えている内にあんな話になりました。 

実際にナカジマ家はギンガとスバルを養子として引き取って自らの手で育てていたのでなぜフェイトはそのような手段をしないのか? 散々悩んでいたんです、それの不満が今回のような形になりました。





次に管理局の行いが正義では無いの事ですが、これはAs偏と第三期出てきた八神はやての管理局内部の印象やキャロの対応を見て考えました話でした。

元々はやてはグレアムがジャマをしなかったら孤児として孤児院に行っている年のはず、日本には保護法が存在しています。 

グレアムの行動ではやてはグレアムと共に住むしかないはずなのに、日本の法律では未成年しかも障害者がたった一人すめばその保護者が育児放棄とみなして捕まります

海鳴市にいたそっち系の公務員達がことごとくグレアムの
使い魔によって洗脳か情報操作されたかで孤児院に行ってない。元々孤児院で闇の書が起動したら孤児院はただでさえ一部屋に最低でも2人〜4人ですんでいる為に確実に不審者としてヴォルケン達が警察に通報さる恐れがあった可能性が大だからわざわざ一人にした可能性が高い。

その後グレアムは全ての罪を償っていない状態で管理局をやめたし。 あとはやてに今まで闇の書の罪を全てかぶせている可能性が高いです 情報操作でちゃんと今回の主と前回までの主との罪は関係ない事を世間に公表するのが一般常識ではないでしょうか? この辺が不振感を与えていること。

あとフェイトとなのはは無印でアースラチームと会う前は
散々魔法使っていたのにフェイト達だけ管理局の法が適応されている節があります。 これはなのはも適応されるべきなになのはの出身場所が地球であり捜査協力したお陰で積が消えているなら フェイトもはやても最終的には捜査に協力して事件を解決したのだからこれが適応されてもいいのに 地上本部のオーリスさんとレジアスさんは犯罪者のレッテルを今もこの2人に張り続けている事も

キャロについてはちゃんと保護して管理局員とつかいたいならまずは魔法の訓練とかすればいいのに元々もっていた巨大な力に目を向けて人間爆弾にするという発言をしていた局員もいたので^^;; 

こんな風に小説に書く時に書き手が予想した事がふんだんに盛り込んでもうしわけありませんでした

今後注意をしつつ小説を書いていきます。

Re: 「白きツバサが堕ちる時」の突っ込みど... 投稿者:IB - 2010/11/30(Tue) 03:11:31 No.2640  引用する 
フェイト(無印) 「ただちゃんと保護したのだから自分が面倒見られるだけで人数だけを保護するというのが一般常識なのでそれを考えている内にあんな話になりました。」

その一般常識だと、面倒見るつもりがないなら児童虐待の通報すら出来そうもないですね。

「元々はやてはグレアムがジャマをしなかったら孤児として孤児院に行っている年のはず、日本には保護法が存在しています。 
 グレアムの行動ではやてはグレアムと共に住むしかないはずなのに、日本の法律では未成年しかも障害者がたった一人すめばその保護者が育児放棄とみなして捕まります
 海鳴市にいたそっち系の公務員達がことごとくグレアムの使い魔によって洗脳か情報操作されたかで孤児院に行ってない。元々孤児院で闇の書が起動したら孤児院はただでさえ一部屋に最低でも2人〜4人ですんでいる為に確実に不審者としてヴォルケン達が警察に通報さる恐れがあった可能性が大だからわざわざ一人にした可能性が高い。」

アメリカでは11歳以下の子供を保護者の監督のない状態(留守番や日本の「カギっ子」状態)に置くこと自体が違法とされているそうですが、日本での育児放棄の法的定義は

「児童の心身の正常な発達を妨げるような著しい減食、もしくは長時間の放置その他の保護者としての監護を著しく怠ること。
 例えば、病気になっても病院に受診させない、乳幼児を暑い日差しの当たる車内への放置、食事を与えない、下着など不潔なまま放置するなど。幼稚園、保育園、保育所、学校に通わせない。」

だそうです。なので、はやては該当しないんじゃないですかね。
そもそも、未成年なのに一人暮らしのキャラクターってそう珍しくもないのでは。

「その後グレアムは全ての罪を償っていない状態で管理局をやめたし。あとはやてに今まで闇の書の罪を全てかぶせている可能性が高いです
 情報操作でちゃんと今回の主と前回までの主との罪は関係ない事を世間に公表するのが一般常識ではないでしょうか?」

全ての罪といいますが、グレアム達の罪って具体的には何でしょう。捜査妨害と傷害、あとははやてに対する殺人未遂ですか。
あくまで日本の法律でですが、殺人罪でも執行猶予がつく場合もあります。魔導師襲撃事件を起こした守護騎士達が保護観察で済んでいる事を考えれば、ありえない結末じゃないと思いますが。闇の書の完成後にはやてが目覚めなければ、それこそアルカンシェルで消し飛ばして転生させるか、主ごと永久封印するくらいしか方法がなかったんですから。

はやてと前回までの主が無関係な事は、それこそ一般常識で考えれば明らかだと思いますが。
というより、どう情報操作すれば今までの闇の書の罪の全てをはやてにかぶせる事ができるんです?

「あとフェイトとなのはは無印でアースラチームと会う前は散々魔法使っていたのにフェイト達だけ管理局の法が適応されている節があります。」

なのはは無印の時点では管理外世界における現地協力者でしかないんだから、むしろ処罰する方が問題では?
実際、こう書いてますよね?

「確かに多くの命と建造物を魔法で破壊し奪ったが実際にはチンクの行動が無ければチンクは犯罪者に犯されて、用無しになればそのまま殺されていた可能性もあるのだ、それなのに管理局がいう法を破ったから管理局に連れていきその罪の分働いてもらうなどという寝言、ふざけるなという事だ。」
「たとえそれが管理局の法で違法で有ったとしてもサトシは管理局側の人物ではない
 それを律儀に守る必要は無いのだ。」
第二十九話「サトシの過去と管理局の消した過去の話(後編)」

なのはだって管理世界の人間ではありません。それに、なのはがユーノに協力していなければ、ジュエルシードの暴走による被害は拡大していたでしょう。チンクと違って人を殺したわけでもありません。
チンクが無罪放免なら、なのはもそうでないとおかしい。

そもそも、フェイト達の罪というのはジュエルシードの強奪の事であって、管理外世界で魔法を使った事ではないと思いますが。

レジアスの態度は、単にレジアスの性格の問題じゃないですか?
現実でも、前科のある人間に対する部外者の反応なんてあんなものでしょう。

Re: 「白きツバサが堕ちる時」の突っ込みど... 投稿者:MG - 2010/12/02(Thu) 02:10:45 No.2642  引用する 
なのは(無印) 「ただロスト・ロギアと呼ばれる物の大半はリリカルの公式では既に崩壊した世界のオーバーテクノロジーの略称であり。ちゃんとサトシも自らの財産は管理しています。」

だったら、それこそサトシが説教する筋合いではないと思うがな。
ロストロギアが物によっては世界崩壊級の危険物なのも公式設定だ。そのまま放置しておけと?
偉そうに批判するなら自分が管理すればいいだろう。
その気になれば何でもできるみたいな事言ってごり押しするくせに、批判するだけで何もする気がないなら黙ってろ。

あと、ホリックとクロスしてる意味はあるのか?
サトシが何かやらかす度に、色々あきらめたり苦労したりしてるCLAMPキャラが哀れになってくる。

Re: 「白きツバサが堕ちる時」の突っ込みど... 投稿者:ムーン - 2011/01/03(Mon) 00:49:25 No.2644  引用する 
リインU IB様 感想と指摘ありがとうございます

まっあ・・・結局の所管理局の法は矛盾の一言に尽きるという解釈ですね。 実際に管理外世界での魔法の使用許可は
管理局を知っている管理内世界の人間には適応されるという・・・ ただその辺が未だに本編でも設定でも明らかにされていない為にこのような決断となりました。


MG様 アドバイスありがとうございます 

えっとすみません 確かにロスト・ロギアは確かに危険な物にはかわり有りません。 

実際に人がそれを作動させないと作動しない物ですし
危険な物を危険だと分かっているのにそれをさわり壊れる

それもまたその危険な物がある世界の運命だと思います
たとえば地球に有ったと結われているアトランティス大陸やムー大陸等の遺産がロスト・ロギアならば管理局が持っていく・・・それをしたらその世界が過去に何があって一度その大陸が滅んだかとか分からなくなりますよ。 

管理局はそれを世界を守る為にと言いながら 管理外世界の重要な世界遺産を盗むだけの組織です これはあくまでも管理局を知らない世界から見た世界の人間の視点です。

あと幻種達の遺産はやはりその種も長く生きていたりするので普通に封印をしても三百年で自動的に解除されてしまいます。これは年代を重ねるたびに封印が劣化していくためです。 あとは封印をして種族が滅した時にはいくら何でも それを管理しろはないでしょう? 既に滅んだ種族に責任をどうとらせるつもりなんだが・・・

サトシは魔女に対価を渡す時にレリックで創った鍵で酒を管理している空間を空けるための鍵とその空間事魔女に対価として渡していますが・・・ そのような管理方法もありますし 普通に超空間を利用した倉庫とか天地無用に出ているのを少しいじって使っているだけですし 

あと普通に最強キャラが管理局の理念がうっとうしいからミッドチルダに即座に攻めて壊滅させて制圧して新しい制度を作った・・・そんなマンガやSS何所がたのしいのか?
よく分かりません 最強キャラは基本動かない動けないがこの小説の使用です その設定はホリックも使っているので対価制度も使わせてもらっているだけです。 

ホリック全巻持っていますけど ひまわりちゃんの結婚相手だれかも分からずしまい それをどうかけと・・あと旅をしているツバサ勢も同じくどの旅を書くかで問題中・・・

結局の所リリカルなのは側が一番かきやすいです 
 

Re: 「白きツバサが堕ちる時」の突っ込みど... 投稿者:鬼火 - 2011/01/10(Mon) 04:31:34 No.2645  引用する 
ウーノ(2) あまり連続して書き込むのも良くないとは思うのですが、ちょっと思うところがありまして、再度失礼致します。


>結局の所管理局の法は矛盾の一言に尽きる
>実際に管理外世界での魔法使用は管理内世界の人間には適応される

 まずこの点ですが、作中描写から見るに、まったく矛盾しておりません。
 そもそも、管理外世界の魔法使用を禁じる描写がありません。管理外世界というのはあくまで『管理局に属さない』組織ですから、魔法を知っている管理外世界だってある訳です。ただこれに関してはStS以降で明らかになった事ですので、論理の補強に近いものですが。
 魔法を知っている管理外世界で魔法を使ったところで、別段問題にはなりません。魔法を知っている世界と知らない世界を一々区別している様子も見られません。

 問題視するべきは、魔法を知らない世界の住民に魔法を見せる行為では無いでしょうか。
 しかし、少なくとも作中登場のキャラは皆、『一般人の前で魔法を行使した』事がありません。結界を張るか、人目に付かない場所・時間を選んで行使しています。例外はA'sでアリサとすずかが結界内に取り残された場合ですが、あれは実質的に事故に近いものと考えられ、意図して二人を結界内に残した(二人に魔法を見せびらかした)ものとは言えません。

 管理局の管理外世界に対するスタンスは(公式に明言されている限りでは)『不干渉』であり、人前で魔法を使わない、はこの中に含まれるものと考えられます。

 またなのは等現地住民が魔法を使える様になった際も、無印時点ではそれが秘匿されておりました。公開されたのはA's終盤からで、それ以降も『なのはやはやては魔法が使えるんだ』と家族や友人が吹聴している様子は見られません。この事からも、管理局のスタンスとして積極的に魔法を公開してはいないと言えます。

 本編でも設定でも公開されていない、と仰っておられますが、作中描写を見る限り容易に推測出来る事です。思考放棄を『矛盾』と相手に転化する物言いには疑問を覚える次第です。



>管理局は世界を守る為にと言いながら、管理外世界の重要な世界遺産を盗むだけの組織

 これについても疑問を覚えます。
 例としてアトランティスやムー大陸を挙げ、滅亡の原因となったロストロギアを持ち去ってしまった為に、滅亡の原因が判らなくなる。ここの理屈は解りますが、しかしこれは果たして批難されるべき事なのか? と、そう思う訳です。
 
 ロストロギアは危険物である。これはムーン様も同じ認識だと思うのですが、ならばその危険物を放置する事は果たして正当と言えるのでしょうか。
 これを放置する事で、放置した世界が滅ぶのはある意味自業自得と言えるかもしれません。管理局の出る幕では無いと。しかしロストロギアの中には次元震や次元断層を引き起こし、他の次元世界へも被害を及ぼすものがあると言われています。

 ムーン様の隣に爆弾を持った人がいます。いつ爆発するか解りません。そんな状況で、『いやその爆弾は他人の持ち物だから』などと言っていられるのでしょうか。明確な危険が目の前にある場合、安全確保の為の違法行為はある程度黙認されるのが近代国家の習いです。緊急避難という概念がありますので、詳しくはご自身で調べて下さい。



>年代を重ねるたびに封印が劣化する
>既に滅んだ種族に責任をどうとらせるつもりなのか

 これ、どう考えても『幻想種にはロストロギアを管理する資格が無い』という意味にしか取れません。
 ロストロギアが危険物であるのなら、それを管理する側には危険性を解除するか、永続的な管理が求められます。それが出来ないのなら、解体ないし永続的な管理の出来る第三者に委託するのが筋であり、滅んだ後は責任が取れないという物言いは、『手に負えなくなったら放置する』という意味でしかありません。
 幻想種にも限界がある、という事を仰りたいのかもしれませんが、単に無責任な存在であるとしか言っておられない訳です。
 
 超空間を利用した倉庫というものがあるのならそれは構いませんし、或いはそれは管理局に預けるよりも確実なのかもしれません。しかしそれは『管理局での管理よりも安全』という事を立証出来てこそであり、そこを曖昧にして『お前らよりましだ』と言ったところで何の説得力も信憑性も無いのです。

 細かい原理は自分達も把握していないんだ、だけど安全なんだ。そんな論理が通る訳がありません。少なくとも管理局には多数のロストロギアを管理しているという実績があり、信頼性・安全面では超空間倉庫よりも遥かに上と言えます。



>最強キャラが管理局の理念が鬱陶しいからミッドチルダに即座に攻めて壊滅させて制圧して新しい制度を作った……そんなマンガやSSの何処が楽しいのか
>最強キャラは基本動かない動けないがこの小説の仕様
 
 これは恐らく、先のMG様の感想に対してだと思うのですが、そもそもMG様の発言を誤解、曲解しておられると思います。
 MG様の発言の要諦は(私の見解ですが)『その気になれば何でもできるみたいな事言ってごり押しするくせに、批判するだけで何もする気がないなら黙ってろ』という点であり、最強キャラに管理局を潰させろ、という意味では無いと考えます。

 『好き放題に勝手な事をする主人公』と『他人を批判し否定し、自分ならさも上手く出来ると言うだけの主人公』。ムーン様の作品の主人公は後者であると思われますが、これを前者にしたところで意味は無いでしょう。
 どちらも実在すれば他人を不快にする人間であり、ムーン様が主人公はこのどちらかしか描けないと言うのなら仕方がありませんが、しかしもっと見ていて愉快痛快な主人公は作れないのでしょうか。少なくとも現状、ムーン様の作品における主人公は読者を不快にするだけのキャラでしかありません。
 なら読むな、と仰る向きがあるかもしれませんが、作者に作品を公開する自由があるなら、読者がそれを読んで文句言う自由だってある訳です。作者ばかりが何を書いても許されるなどという優遇は存在しません。
 
 また、最強キャラは動かない動けないとの事ですが。それは最強キャラを出す意味があるのか? と、そう思う訳です。
 最強キャラを出すメリットというのは、まず第一に、そのキャラが暴れる事による爽快感があるからこそです。逆に言えば、この爽快感に欠けるものは、そもそも最強キャラなど必要無い訳です。
 このキャラは最強なんだ、というのは描写として表されなければいけません。設定だけで『こいつ最強』としてもまったく説得力が無いのです。作者だけが理解している事を前提にされても、読者はついていけません。最強だからこそ動かさない、と作者が考えていても、読者には『自分では何もしない癖に口だけ達者な奴』としか見えないのです。



>ホリック全巻持っていますけど、ひまわりちゃんの結婚相手だれかも分からずしまい。それをどう書けと……
>あと旅をしているツバサ勢も同じくどの旅を書くかで問題中……
>結局の所リリカルなのは側が一番かきやすいです 

 原作の空白を想像で膨らませてこそ二次創作では無いか。私はそう思います。
 リリカルなのはが書き易いのなら、最初からリリカルなのはだけを出す二次創作で良かったのではありませんか。作中要素だけが気に入ったからクロスオーバーさせるというのは、言ってしまえば剽窃と同じです。オリジナリティの無さを他の何かで誤魔化しているようにしか見えません。
 もっとも、これに関してはムーン様だけの事ではありませんので、一概にムーン様だけを責める要因では無いのですが。




 長々と失礼致しました。
 以前にも書き込んだ通り、部外者の言う事ですので、あまりお気になさらずとも結構です。
 ただし私個人としては、ムーン様にはもう一度冷静な目で原作をご覧になって頂きたいと思います。管理局憎しの感情だけが先行し、管理局の行いを恣意的に悪方向へ解釈する傾向が見られます。
 またこれと同様、他の皆様からの感想を曲解しておられる面が目立つかと。

 それでは。

Re: 「白きツバサが堕ちる時」の突っ込みど... 投稿者:MG - 2011/01/19(Wed) 01:35:50 No.2647  引用する 
なのは(無印) >それもまたその危険な物がある世界の運命だと思います
>たとえば地球に有ったと結われているアトランティス大陸やムー大陸等の遺産がロスト・ロギアならば管理局が持っていく・・・それをしたらその世界が過去に何があって一度その大陸が滅んだかとか分からなくなりますよ。
>管理局はそれを世界を守る為にと言いながら 管理外世界の重要な世界遺産を盗むだけの組織です

そもそも、管理局が管理外世界の物をロストロギアだからという理由だけで強奪したなんて公式設定はない。
それに、世界滅亡級の危険物だったけど管轄外だから放置してました、とか言う方がよっぽど悪質だと思うがな。それで滅びた世界の生存者が知ったらテロに走りかねないぞ。
まあ、そうなったらそうなったで、このろーどサマは、
「誰が管理してくれなどと頼んだ、どうせ利用してるだけだろう」
という日頃の持論を棚に上げて
「お前らの怠慢が原因だろう、甘んじて受けろ」
とか言って、テロリストを擁護しそうだ。放置を決めた連中を公開処刑して、テロリスト達は無罪放免どころか管理局が傾くくらいの賠償をさせるとかしそう。
だいたい、ろーどサマは自分の忠告を無視したという理由でアルハザードを滅ぼして、それを「ただそれだけの事だ」と言い放ってるんだがな。世界を守る為に世界遺産を盗むのがそれほど非難に値する重罪ならコイツはなんだ?盗難どころか大量殺人だぞ?

>あと幻種達の遺産はやはりその種も長く生きていたりするので普通に封印をしても三百年で自動的に解除されてしまいます。

なんで世界崩壊級の危険物の封印が自動的に解除されるんだよ。半永久的に封印しとくのが普通だろうが。そのうち使うつもりがあるからか?他人の事は散々批判するくせに自分は好き勝手するろーどサマの同族ならありそうな話だな。

>あとは封印をして種族が滅した時にはいくら何でも それを管理しろはないでしょう? 既に滅んだ種族に責任をどうとらせるつもりなんだが・・・

だから、管理局が管理しようとしてるんだろ。本来の管理責任者が責任放棄していなくなったんだから。
世界崩壊級の危険物を作るわ、封印は自動的に解けるわ、ホントに迷惑な奴らだな、幻想種ってのは。さすがろーどサマの同族。
「ロストロギアは元々我々幻想種の物だ」
とか何とか言って偉そうに管理局を批判するろーどサマだが、自分では何にもしていない。いきなり乱入して言いがかりをつけて叩きのめしただけ。自分の遺産はちゃんと管理してるそうだが、自分で作った危険物を管理するのは当然の事であって、別に誇る事でもなんでもない。
世界滅亡級の危険物を放置したまま絶滅しやがった幻想種どもの後始末をしようとしている管理局と、力も時間もあったのに、何もしないどころか邪魔すらしてるサトシ。どちらが悪質かなんて一目瞭然。

>あと普通に最強キャラが管理局の理念がうっとうしいからミッドチルダに即座に攻めて壊滅させて制圧して新しい制度を作った・・・そんなマンガやSS何所がたのしいのか?

全くその通り。だからサトシが常に圧勝して絶賛されるこの話は全く面白くない。

>最強キャラは基本動かない動けないがこの小説の使用です

CLAMP作品では神でも不可能とされる死者蘇生を簡単にしたり、すぐにミッドチルダごと吹き飛ばすぞ的な脅迫をしたりする時点で、動かない動けないもない。
最強キャラは動かない動けない、というのは主人公達よりはるかに強い、そいつが動けばもっと簡単に事態が好転するはずのキャラを、何とか理由をつけて動かさないことだろ。日頃から好き勝手やった挙句、文句が出れば力ずくで黙らせるサトシにはどう見ても当てはまらない。自ら力を振るう事を極端に拒んでいるそうだが、どこが?と真剣に疑問に思う。散々使ってるだろうに、これでも自重してるつもりなのか、コイツは。
偉そうに他人を批判するくせに、自分はチートパワーを振り回して好き勝手してるだけ。反論されれば脅迫。偽善にすらなっていない、ただの専横。管理局よりサトシこそ非難されるべきだろう。
そもそも、何を今さらノコノコ出て来て説教垂れてるんだ?アルハザードを滅ぼすくらい昔からいてその気になれば宇宙を造りなおせるんだろ?今になってゴチャゴチャ口出しするくらいならベルカを平定しちまえば良かったんじゃないの?公式で出所が分かってる危険なロストロギアはみんなベルカ製だぞ?そんなものが普通に作られてた時代には傍観して、そこそこ平和になった今になって出て来て的外れな説教、身勝手な行動、批判されれば「喧嘩売ってるのか、ぶっ潰すぞ」。
結局、正義を語らせるには、サトシというキャラは不向きとしか言いようがない。なのはに下克上されて見苦しく散る程度がお似合い。むしろ下克上できるくらい成長したなのはが過去に遡ってサトシを始末したのが公式の世界じゃね?というくらい有害無益な存在だな。

Re: 「白きツバサが堕ちる時」の突っ込みど... 投稿者:IB - 2011/01/23(Sun) 23:14:59 No.2648  引用する 
フェイト(無印) >まっあ・・・結局の所管理局の法は矛盾の一言に尽きるという解釈ですね。

なぜ、私の書き込みから、そういう解釈になるんですか?
むしろ、あなたの解釈こそ矛盾の一言に尽きると思います。

>フェイトとなのはは無印でアースラチームと会う前は散々魔法使っていたのにフェイト達だけ管理局の法が適応されている節があります。
>これはなのはも適応されるべき
>なのはの出身場所が地球であり捜査協力したお陰で積が消えているなら フェイトもはやても最終的には捜査に協力して事件を解決したのだからこれが適応されてもいいのに 

しかし、一方ではこうも言われています。

「たとえそれが管理局の法で違法で有ったとしてもサトシは管理局側の人物ではない
 それを律儀に守る必要は無いのだ。」
第二十九話「サトシの過去と管理局の消した過去の話(後編)」

無印の時点では、なのはは管理局員でも嘱託魔道師でもなく、それ以前に管理世界の人間ですらありません。サトシの理屈では、無印時点のなのはが何をしようと管理局が関知できることではありません。

なのはが処罰されないのが間違っているとすれば、それはサトシの理屈が間違っているということです。しかし、一読した限りでは、サトシは絶対に正しいということで話が進んでいるようです。これこそ矛盾ではないのですか?

投稿者 No. 削除キー

- YY-BOARD - icon:MakiMaki
- Antispam Version -