070430

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
二次小説感想掲示板

[ホームに戻る] [新規投稿] [ツリー表示] [トピック表示] [新着順表示] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]



第三十九話「破滅の引き金」感想 投稿者: - 2009/03/29(Sun) 16:04 No.66  引用する 
ヴィヴィオ 第三十九話「破滅の引き金」誤字報告
>いや、少なくとも大小こそあれど生命体であれば誰しもが魔力を持って入る。
「持って入る」では無く「持っている」だと思うのですが・・・

>『フェイトの付けている指輪にそんな物が・・・・・・しかしなぜそんなものを二人に?』
「フェイトの付けている指輪にそんな物が」では無く「フェイトの着けている指輪にそんな物が」だと思うのですが・・・

>もし誠が居なかったらきっと私が現実の重さに耐えきれずに心が壊れていたかも知れない。
「きっと私は現実の重さに耐えきれずに」だと思うのですが・・・

>おそらく、大魔導師と言われた彼女でも躊躇するの程のリスクを負うのかも知れないわ。それに・・・・・・」
「躊躇する程のリスクを」だと思うのですが・・・

感想
最新話読ませて貰いました〜
なのはとフェイトに贈った指輪にこんな機能が付いていたなんて、思いませんでした。二人の指輪の事をアリサとすずかが知ったら自分達にも作って欲しいと言い出しそうですね。

プレシアの前に姿を現したリニス。これで、今のリニスのマスターがアリシアと知った時のプレシアの反応が知りたいですね。

プレシアが出した紅い結晶体を見て完全に切れた誠がどんな行動を起こすのか楽しみです。

Re: 第三十九話「破滅の引き金」感想 投稿者: - 2009/03/29(Sun) 22:12 No.72  引用する 
モコナ(白) こんばんは、俊さん。感想と誤字報告に感謝です♪

なのはとフェイトの指輪の新たな機能が明らかに!
如何せん筋金入りの方向音痴!こうでもしなきゃ緊急時に見事に滑ってしまう事もあり得るので、片道限定の代物です♪ただ位置特定をするだけなら別にそれ自体は必要も無いですし(特に終始魔力が駄々漏れななのはは地球上のどこに居てもすぐに分かるぐらい。『魔力』と言う点に意味があるんです。魔力の無い人間だったらさすがに無理ですね)。

ご希望と重なるかは分かりませんが、ラストではプレシアとアリシアの対面を用意するつもりです。死にゆく者へのせめてものたむけとして・・・・・・(つまりプレシア死亡は確定事項。虚数空間に落ちると言う曖昧なものではなく、事実上)

プレシアの持つ『超魔の欠片』は普段どんな事があってもペースを乱す事の無い誠を持って驚愕せしめるほどの代物だったりします。その驚異度は・・・ジュエルシードがおもちゃに思えるぐらい!!

怒涛の展開になるであろう次回にこうご期待です♪

第三十九話の感想です 投稿者: - 2009/03/29(Sun) 11:41 No.65  引用する 
ヴィータ どうも、M.O.さん。最新話読ませて頂きました。

今回明かされるなのはとフェイトの指輪に隠された機能。
その割に普段はしょっちゅう迷子になっている辺り、彼と迷子は切っても切れない縁なんでしょうね。

原作でもあったプレシアがフェイトに真実を言い放つシーン。
なんとも悲しいシーンですよね。
多分、普通の人はあそこまで狂えないでしょう。
大抵の人は例え大切な人が亡くなったとしても、その悲しみも執着も時と共に薄れていきます。
自分の身を犠牲にしてでも、尚失った時間を取り戻そうとするのは、アリシアの事を想うが故なんでしょうね。
なんとも皮肉な話です。

原作にも増して狂気と冷静さを併せ持つプレシア。
おまけに、レリックと思っていた赤い石はリレーにも登場した賢者の石!?リンディ達はロストロギア扱いですが、誠の反応を見る限りでは、そんな甘い代物ではない様ですね。

非情に徹した誠がどんな展開を起こすのか、気になりますね。
お忙しい中、大変だと思いますが、次回も楽しみにしてます!

Re: 第三十九話の感想です 投稿者: - 2009/03/29(Sun) 22:05 No.71  引用する 
モコナ(白) こんばんは、梅さん。感想ありがとうございます。

何気に目暗ましなようとだけでは無かった指輪。緊急時のビーコン代わりに使われちゃったりします。むろん当人達はそうとは知らずに肌身は出さず身に付けているんですが♪そうでもしないと、シリアスムードなのにアースラじゃなくて何故かミッドのナカジマ家に出没・・・なんて事もあり得たり・・・彼の迷子スキルは良い意味でも悪い意味でも活用されてしまうのですよ♪

原作以上に狂っているプレシア。原作比150%ぐらいでしょうかね?
彼女も元が優しすぎたが故に壊れてしまったのかもしれませんね。A`sでアリシアが言ってましたし。これも人の定めなのか・・・運命の悪戯の如く全てに絶望してしまったプレシア。それだけプレシアにとってアリシアはすべてだったのでしょうね。だからこそ例え他者に忌み嫌われるようになろうとも、ただ一つの望みを叶える為にありとあらゆる方法を模索し・・・そしてその結果狂ってしまったのでしょう・・・・・・ただうちの場合少々事情が違っていたりします。具体的には外的要因が加わっているのです。詳細は以降にて。
そしてプレシアも言っていましたが、誠(アル)は彼女と同類です。むしろ彼の方が酷かったり・・・何故に?と思われたらプロローグを読んでみてください。
一応そんな話もそれとなく出てきます。

紅い結晶はレリックではないんですよね、これが。
うん、見事に引っ掛かってくれるの方が多いので、何か別なネタに使えないかと少々模索中・・・・・・ちなみに今回のは間違いなくレリックとは全くの無関係です。
神界・魔界の事と一緒で提督位以上の限られた者にしか教えられていない『賢者の石』の秘密・・・危険度的には秘匿級をはるかに超える『特級ロストロギア』に指定されています。故に回収の為ならばあらゆる事情が無視されて、管理局法もすべて無視されます。例え存在する世界が消滅しようとも回収さえすれば容認されるんです。つまるところ今回のケースだと如何に神界・魔界が絡んでいようとも地球が消えてしまっても無視されちゃうわけです。だからこそ一般局員には知らされていないんですけどね。
ただしそれ自体は本当の姿ではなく、正式な名は『超魔の欠片』です。詳細はたぶん次回にて。とりあえずこれが一つあればいつでも次元断層を起こせたり。

最後の誠はキレたと言うよりは一切の感情を排して非情・冷酷に徹すると言う感じですね。むしろこっちが本当の姿・・・だったりもするんですが。


何にせよ、次回も素早く取り掛かりたいともいます。その前にまずはリレーを!私の次は梅さんですからお互いに頑張っていきましょう♪

『破滅の引き金』の感想です 投稿者:漆黒の流星 - 2009/03/29(Sun) 11:34 No.64  引用する 
アイン こんにちはM.O.さん、漆黒の流星です。

プレシアも酷いことを・・・
フェイトの気持ちも考えないであんなことを言うとは・・・
しかも人の足元を見て、無茶なことを言うなんて・・・
理性がどうこう言う前に、仮にも母親としてどうなの?と言いたいですね。

確かにフェイトはプレシアにとってはアリシアのクローンで出来損ないかもしれない。
けど、フェイトは一生懸命プレシアのために頑張ってジュエルシードを集めていたのに、その見返り(?)がこれとは・・・

そしてマジギレの誠。
超怖いんですけど!?
っていうか、『賢者の石』は誠にとって何かあるようですね。

それでは、次回も頑張ってください!!

Re: 『破滅の引き金』の感想です 投稿者: - 2009/03/29(Sun) 21:43 No.70  引用する 
モコナ(白) こんばんは、漆黒の流星さん。感想ありがとうございます。

今のプレシアはどこまで行ってもアリシアしか見えていないですからね・・・
そして親近憎悪と言うか、なまじ期待していただけにアリシアではなく、フェイトが生まれた事に相当な絶望を抱いたのでしょう。それは勿論『魂』と言う概念を知らないが故に最初から成功するはずも無いのですが・・・
当方では原作よりも数割増しでプレシアの極悪度が増しています。でも・・・じつはそれにも理由があったりするんです。それはまぁ・・・見てのお楽しみにと言う事で。あえて言うとなら虫も殺せない善人でも笑いながら殺戮を繰り返す狂人にもなりえると言う事です。

ムーンさんの方でも書きましたが、この時の誠はキレたと言うよりは無表情ですね。『怒る』と言う感情は彼にはありませんので。
そしてリレーでも出した『賢者の石』・・・・・・元々このタイミングで出す為に一足先に同じネタをリレーで披露してたんだったりします♪ただし、リレーの方はで名前の通りの物ですけど、こちらは単なる俗称です。言ってしまえばその能力の極一部が副作用としてそう言う意味として伝わっているにすぎないわけです、はい。
正式な名称は作中で彼が言ったように『超魔の欠片』です。関係性その他は次回にて!今言うとネタバレになってしまうでしょうから♪ただ、無印編だけでなく物語全体に深くかかわっている物とだけ言っておきます。

ではでは、お互い本編・リレー共に頑張っていきましょう♪

P.S.とりあえずリレーの方は次の休日にサクサクと書いちゃおうと思います♪

第三十九話「破滅の引き金」の感想です 投稿者:ムーン - 2009/03/29(Sun) 05:11 No.63  引用する 
リインU プレシアの策謀によってフェイトは本当の意味での操り人形と化したけど、流石は主人公、まさかあの時の布石を今ココで使うとは、

それにしてもリニスもにくい登場していますね、序にアリシアも出てくればソレはソレは面白かったのに。
特に説得で【そんなお母さんなんてきらい】とか言えば確実にプレシアは精神的にダメージを受けて再起不能になると思ってたのに読みが外れた。

そして最後に出てきたレリックモドキか知らないけど賢者の石を見て完全に切れた主人公がどんな行動を取るか楽しみです。

投稿小説は大体1週間程度あれば出来上がります。

Re: 第三十九話「破滅の引き金」の感想です 投稿者: - 2009/03/29(Sun) 21:32 No.69  引用する 
モコナ(白) こんばんは、ムーンさん。感想ありがとうございます。

プレシアはどこまでもフェイトの事を見ようとはしなかったので、その極めとしての洗脳と言う描写を描いてみました。実を言うと当初には予定には無く、書いている最中に何となく思いついたネタだったんですけどね♪

そして次回で原作と同じような展開に持っていく為にフェイトは少々眠ってもらう事になりました。一応洗脳は解けているんですけどね?リニスも出番としてはもっとも相応しい時だったと思います♪ちなみにアリシアは言うまでも無く幽霊状態なのでさすがに今の面子には見る事も声を聞く事も出来ないですね。が、ちょっとした事情で最後の最後にプレシアとの対面が待っていたりいなかったり・・・・・・

プレシアが取り出したのは以前少しだけ出した例のアレです。以前も言ったとおりレリックとは全くの無関係です。単に色が同じなだけですね。そして描写不足で分かりずらいですが、誠はキレたわけではなく『一切の優しさを排した、感情の無いような冷たい表情』と言う感じだったんです。なので、後で修正を加えておこうと思います。

ムーンさんも頑張ってくださいね♪時間が空けば感想の方も書いてみようかと思います♪
それでは、またの機会にて♪

無題 投稿者: - 2009/03/07(Sat) 02:03 No.57  引用する 
アイコン 健です、どうかこれからもよろしくお願いします。
白き魔法少女と漆黒の騎士はとらいあんぐるハートとリリカルなのはとSHUFFLEのキャラがでてくるのでとてもお気に入りの作品です。

私はフィアッセとフィリスを私は好きなので、いつも出ないか楽しみにしています。

M.Oさんの小説はそのキャラごとの視点で書いてくれているのですごくわかりやすいです。

もし、書いていただけるならサイドストーリーでフィアッセの番外があるので今度は、フィリスの番外をよろしくお願いします。

どうかこれからも小説をがんばってください。

Re: 無題 投稿者: - 2009/03/07(Sat) 21:43 No.62  引用する 
白玉 初めまして、健さん。感想ありがとうございます♪

現状ではどちらかと言うととらハ色の方が強いのかな?
フィアッセの場合、ある意味ちゃんとした番外編とも言えなかったので、いずれきっちりとしたものも書くつもりです♪
なお、フィリスについては職業柄A`s編で出番があるとだけ言っておきます!

それでは!!

どうも 投稿者:ボル - 2009/03/07(Sat) 01:49 No.56  引用する 
楓 どうもはじめまして、ボルです。


白き魔法少女と漆黒の騎士
シャッフルのシア編読みました。

これからシャッフルのことがでるのでしたら楓をよろしくお願いします。

これからも更新楽しみにしています。

Re: どうも 投稿者: - 2009/03/07(Sat) 21:38 No.60  引用する 
白玉 初めまして、ボルさん。感想ありがとうございます♪

ボルさんは楓好きなんですか?
安心して下さい、状況的に今は難しいですが(時期的にアレな時だから)、メインを飾る人物には違いないです!あっ、でもアルとはあまり関係無かったりするんですけどね。ひとまずはもしかするとA`s編で出てくるかもです♪

無題 投稿者:名無し - 2009/03/04(Wed) 13:51 No.48  引用する 
ガジェットT型 こんにちはM.O.様、私は名無しという者です。
実は半年以上前からM.O.様の小説を読んでいるのですが、感想を書くのは今回が初めてです。

M.O.様の小説である「白き魔法少女と漆黒の騎士」を読んでみましたら、とても面白いくて良い感じが。
私はSHUFFLEを少ししか知らないのですが、リリカルとの混ざり具合に違和感がなくていい感じです。
さらに、主人公の誠に関わる事を筆頭にした独自の設定も素晴らしいと思います。
是非これからも頑張って下さい!

最新作のシア編の方はあまりわからない私がいうのもなんですが、シアとネリネそれぞれの特徴がわかりました。
見事に誠を男だと当てたシアは空気の読める子、対してネリネは天然さんという感じが見受けられました。
シアの秘密というかその辺は原作を深く知らないのであれですが、なんか根が深そうな気が・・・

今回明かされた誠の秘密の一部ですがいくつ納得いく部分がありました。
彼にしか扱えないアルファ式とオメガ式の意味とはそういうことなんですね。
また今は本編に出てないセフィリアとの関係も・・・


初めてのくせにこんなに長いものになって申し訳ありませんでした。
この辺でそろそろ失礼致します。
次の更新も楽しみにしております、では。

Re: 無題 投稿者: - 2009/03/04(Wed) 22:13 No.51  引用する 
白玉 初めまして、名無しさん。わざわざの感想をありがとうございます♪

月並みですが、「面白い」と言うのはまさに最高の励ましになります♪
なんやかんやで書き続けて1年と1ヶ月と半月ほど・・・随分とうちも賑やかになったものです♪
SHUFFLEの事は知られないのであれば、ふんだんにネタバレ気味なwikiで調べてみればさわりだけでも分かるかと思います♪作品自体は公式ページにて♪

私のやり方としては最初の方はほぼ再構成的な感じでしたが、話数が進むにつれ独自色も強くしてきたので――考えが若干変わったとも言う――以降は、大筋はリリカルなのはでありながらも、主人公関係とか、SHUFFLEとのクロス色とかでいろいろとやっていきたいと思っています。

各ヒロイン、全体的に大きく分けると『元気系』と『大人しい系』に分けられますね♪前者が「なのは、アリサ、はやて?、シア、亜沙、リコリス・・・」。後者が「フェイト、すずか、ネリネ、楓、カレハ、キキョウ?・・・」と言った具合です。加えて何の偶然かそれぞれ対象的な仲良しさんも上げてしまうと、「なのはとフェイト。アリサとすずか。シアとネリネ」と言った感じになりますね。自分にはないものを持っているからこそ、より仲良くなれる・・・のかな?まぁ、そんな感じも楽しいですね♪

シアやネリネの秘密については、ご自身がよろしければwikiを見て頂ければ乗っていると思います。故に原作のとはほぼ変わらないですね〜〜
ちなみに主人公関係はまだまだこれからですが。
その他、いろいろと試行錯誤していますが、より多くの人に楽しんで読んで頂ければと思っています♪

では、今回はこの辺で。またのお越しをお待ちしております〜♪

最新作感想 投稿者:ヴェルナー - 2009/03/03(Tue) 21:25 No.46  引用する 
ザフィーラ(犬) どうもこんばんわ。早速読ませていただきました。

主人公の秘密の伏線がまた少し出てきました。
創造神と関係ありというのが気になるので楽しみにさせてもらいます。
原作の両王の人間界への来訪が夏になるようなので、A’s編が12月(クリスマス前後)なので、
無印編終了後の話も楽しみにさせてもらいます。

次回から本編が再開されるので期待しています。
それでは

Re: 最新作感想 投稿者: - 2009/03/04(Wed) 18:52 No.49  引用する 
白玉 こんばんは、ヴェルナーさん。感想ありがとうございます♪

ひとまずアル関係の謎はまだまだあります♪「神」なんて単語を用いているのもそれなりに理由もありますが、独自設定で世界の成り立ちと言うのを構想に入れています。ある意味人知を超えた時すらあり得るでしょうが、基本はなのはやフェイトと言った面々がより強くなっていく事をメインとして描いていきたいと思います。ちなみにアル自身は今以上に強くなることは無いです(戦闘面では)。現在は弱体化しているので、精々それが治るぐらいでしょう。言わば”今”に定着している主人公と、”未来”へと無限の可能性を持つなのは達人間。”幻想種と人間”の違いについてもわりとテーマとしています♪

SHUFFLEにおける、『三世界の共存』が正式に取り交わされたのはとりあえず夏の(だいたい八月の中旬)あたりと設定しています。A`s編までには半年の猶予があるので、何かしらとイベントを盛り込んで、サイドなり回想で加えていくつもりです♪

それでは、次回もよろしくお願いします♪

『それは運命の出会いなの? シア編』の感... 投稿者:漆黒の流星 - 2009/03/02(Mon) 20:38 No.40  引用する 
アイン どうも〜、漆黒の流星です。
この度は待ちに待ったシア編を読ませてもらいました〜。

・・・シアは良い子ですね〜。
特に空気を読めるところとか。
いや〜、シアは観察するのが好きですねぇ。
まぁ、それがシアのやり方なんでしょうが♪
それではフラグが乱立したところで本編に戻りましょう!(マテ

M.O.さん!無印編の完結、頑張ってくださいね!!!

Re: 『それは運命の出会いなの? シア編』... 投稿者: - 2009/03/02(Mon) 23:09 No.43  引用する 
白玉 こんばんは、漆黒の流星さん。感想ありがとうございます。

シアは良いっす♪無邪気で元気で人当たりも良いし・・・料理上手でお嫁さんにもピッタリ?
公式でも、「父親に似なくて良かったね♪」と言う典型的な例ですし。(もし父親似だったら・・・・・・)

ちなみに事実上シアに取って初めての(他意は無いですよ?)異性はアルなんですよね〜〜父親があんなだし、一応王女だから周辺の関係性と言うのはバッチリ管理されていたでしょうから。だからこそ、父親とは違う、初めての異性に物珍しさもあってか、あれほどの興味津津であって、観察をしたりもした訳なのです。
ただし、まだフラグは立ってないです。これはネリネにも言える事ですが、言わば顔見知りの親しい知人レベルですね。まだ。
本格的に立つのはそれぞれのイベントミッションをアルがクリアしてからですね。むろん無自覚なのはお約束!

なお、現在のシアは学校には通っておらず、家庭教師のような状態でいろいろと学んでいます。王女であると言うのもありますが、原因は親馬鹿なあの人です。侍女を始めシアの周りには一切”野郎”は近づけていないと言う徹底振り。これには奥方達もあきれんばかりだったり。まぁ、箱入り娘ならぬ”箱入りお姫様”?

では、本編・リレー共に頑張っていきましょう!

シア編感想 投稿者:伏龍 - 2009/03/02(Mon) 17:48 No.38  引用する 
はやて(バリアジャケット) どうも、伏龍です。シア編読ませて頂きました。

誠の秘密の一部がまた紹介されたのですが、アルファ式とオメガ式はこの意味だったのですね。
またなにげにキキョウの存在を知っていたりと万能ぶりを発揮、もうこのあたりからSHUFFLEのストーリーに関わるフラグがたっているのですがこれで介入準備完了といったころでしょう。まあSHUFFLEのストーリーに入るのはA´s編があるのでまだ先になるかとは思いますが・・・・・・。

シアは万能にして雰囲気の読める子ですのでこの点ではなのはやフェイトにとって最大の強敵?となってしまうのでしょうか?

さて、次はいよいよ本編復帰となるかと思いますが次の更新も頑張ってください。

Re: シア編感想 投稿者: - 2009/03/02(Mon) 22:38 No.42  引用する 
白玉 こんばんは、伏龍さん。いつも感想ありがとうございます♪

アルが使う『アルファ式』と『オメガ式』の秘密とはまさに今回の事も関わっているわけです、はい。要は”力こそ意思、意思こそ力”な感じです(分かる人はこれだけで十分かと・・)。故に彼以外には使えるわけがないと言う漠然とした事実であり、現実なのです。ただ、こんなトンデモ設定があるのもちゃんとした理由があったりします。
ちなみにセフィリアが『アルファ式』のみとは言え行使が可能としているのは”生命を共有している”からです。

シアとネリネの件にいち早く気付いたと言うのは、まぁ相応の理由もあるわけですが、単純な話こうでもしないと今後絡ませずらいからとも言えますが・・・・・・そこは作品上のご都合設定とも言える・・・・・・かな?だって早い事出したかったし・・・

一応SHUFFLEのメインヒロインなシア!ちょっぴり学業に難が残るけど家事万能・スポーツ万能・明るく元気で人懐っこい、とくれば「お嫁さんにしたい子ランキング」何かがあれば必ず上位を占める事でしょう!シア達SHUFFLEヒロイン達に知らないところでポイントを奪われているなのは達は大ピンチか!?と言う訳でなのは達もじゃんじゃん行っちゃいましょうかね!

次回は、ようやく本編復帰。記念小説二回と突然のドタバタ劇でえらく時間を食ってしまいましたが、次回も頑張っていきます!それではまたの機会にて!

シア編の感想です 投稿者: - 2009/03/02(Mon) 00:40 No.36  引用する 
ヴィータ どうも、M.O.さん。サイドストーリー「シア編」読ませて頂きました。

今回、誠(敢えて)の正体について、またひとつ判明されましたね。彼のスケールの大きさがまたひとつ明るみに。
しかし、本人がそういう扱いを嫌っていると同時に、それだけの偉業を成し遂げる人間(じゃないけど)というのはそれ相応の暗い過去を持っているものですしね。
個人的には彼に一番近い立場にある神王&魔王がなんだかんだで数少ない理解者な気がします。

まぁ、空気読める読めない以前に誠のあの容姿では男と判断するのはかなり難しいでしょうしね。実際お正月編でも樹が気づかずにナンパしているという過去(未来)もある事ですし。
むしろ、多少ボーイッシュなだけととらえても不思議はないのかも知れません。

そしてシアはこの頃から好奇心旺盛な様で。
しかし、お母様方?まだ年端もゆかぬ娘に早くも椅子技を教え込むのはいかがなものかと。。。

ネリネも含めてシアの問題も一目で見抜く彼の洞察眼はさすがですね。
シアもネリネも、まだこんな年頃の時から悲しい不安を色々と抱えていたんですね。

それでは、次回の本編更新も楽しみにしてます!

Re: シア編の感想です 投稿者: - 2009/03/02(Mon) 22:26 No.41  引用する 
白玉 こんばんは、梅さん。感想ありがとうございます♪

取り合えずアル関係は何かと大スケールな事になっていくと思います。今のところプラスに進んでいるようで、徐々にマイナスな面での事も含めていくつもりです。理不尽を絵に描いたような存在ですけど、相応の代価は支払っていますし、本当の意味で「人」とは言えないと言う事があります。物語的にはアルの過去と秘密を徐々に明かしつつ、なのはやフェイトを原作以上に強化させていく方針です。そして、所によってシアやネリネと言ったSHUFFLEの面々とも交流をさせて行くつもりです♪もっとも今のところ「リリなの」と「SHUFFLE!」を繋ぐ要素はアルだけなんですけど?さ〜て、なのは達とシア達の邂逅はいつになるかな〜〜

また、神王と魔王がアルにとっては一番の理解者、と言うか親しい間柄と言うのは近いかも知れないですね。あれやこれやとあれど、やはり今のアルは”人間”ではないと言う事実は確かなので、その事は薄いようで結構根強い問題でもあったりしますし。気持ちだけではどうにもならない事もありますから。

アルは数年後にはもはや”クールビューティ”なんて言われても冗談では済まないくらいになっちゃう事が確定していますが、今の段階でもやや女性よりな中性的な感じなので、それでも気付いたシアは凄い子でしょう。まぁ、と言っても「何となく・・・」と言うレベルですが。はてさて、彼の今後はどうなる事やら・・・・・・

好奇心旺盛なところがシアの特徴ですから、資料が少なく、ほぼ独自の見解と解釈による人物像ではありますが、ほぼ17歳の時と同じような感じで行くつもりです♪
そして母から子へ・・・着実に受け継がれる容赦のないイス攻撃の奥儀・・・・・・そう言えばサイネリアは誰から伝授されたんでしょうね?ふふ・・・

さて、今回と前回も含めて容易にシアとネリネの抱える問題に気付いてしまったアルですが、凄いと思いきや、単に似た経験・似た境遇であった――かも知れない――からだったりもしますが。そこら辺はアルの幼少期と言うのは正気を疑うやもしれぬ程の壮絶な物だった、と言う構想で描いているわけですが・・・さて、どう表現しようか迷いもの・・・見せ方で感じが変わりそうだし・・・・
シアとネリネの事に関しては、珍しく割と積極的に関わっていくと思います(だからこその早期解決であり、”何でもあり”を体現するアルの持ち味とも言えますが)。


今日から新しい職場での仕事も始まりましたので、いろいろと遅れたりもするかも知れませんが、お互いに本編・リレー共に頑張っていきましょう!ではっ!

シア編の感想です 投稿者:YU - 2009/03/01(Sun) 11:38 No.33  引用する 
アイコン どうも、M.O.さんYUです。今回割りと手が空きましたので最新話の感想を書こうと思います。

まず今回の主役であるシアですが、特徴をちゃんと抑えて上手くまとまっていました。自分としては色々な部分を誉めたり一家言述べたりしたいのですが、『諦めなければ何でも出来るって言うのがうちの家訓です!』が特に印象的でした。俊さんが指摘に端を発した『シアはスポーツ万能・家事万能・空気が読める子。ネリネは学業優秀・容姿端麗(将来性確定)・空気はちょっと読めないかも?』とのイメージは憚りながらこのサイトでの最大のシャッフルファンと自負している自分から見ても納得が出来ますね。付け加えて言うなら自分の場合、ネリネに『並外れた意志の強さと同じく並外れて強い異能』を加え、単なる萌えキャラに留まらないメインキャラもしっかりと勤める最高のヒロインに仕立ててみました。さらに言ってしまうとわが作品内のシアは当面出番なしですが、しっかりと登場しているキキョウも同じく単なる萌えキャラに留まらないメインキャラとなるでしょう。

作品の終盤では誠(アル)に冠する重大な秘密が明らかになりましたね。よもや神界と魔界の歴史にまで咬んでくるとは……誠を見事倒した一宗の生みの親としては驚くばかりです。後はキキョウの問題も誠は知っているみたいですね。今後の彼の動きに期待です。

それなりに書きましたが、次回の更新も楽しみにして待っています!

追伸 「あくまでも『リリカルなのは』なだけに」との事ですが、自分としてはM.O.さんの作品がSHUFFLE!とのクロスオーバーであると明言している以上、シャッフルの事も大切にするべきだと思います。

Re: シア編の感想です 投稿者: - 2009/03/01(Sun) 11:56 No.34  引用する 
白玉 こんにちは、YUさん。感想ありがとうございます♪

シアとネリネはやっぱりこんな感じですよね♪うん、自分の目はおかしくはなかったようです。原作キャラをそのまま使うのではなく、+αで追加要素を組み込むのも二次創作の醍醐味ですから、YUさんのネリネもまた一つの形ですね♪

ラストではちょこっとアルの秘密を明かしました。ちなみに「アルファ」と「オメガ」とは次元世界や他の異界も含めての『世界』の創世主であり、同時に『世界』そのものであると明記しておきます。
加えて、YUさんの所でのちょっとしたコラボではあえなく敗北してしまったわけですが・・・運が悪ければ魔力が暴発して地球が木端微塵になっていたかも知れないと言う危険性もあったりします。これも所謂「制約」や「枷」の一つであると言えるでしょう。魔力は無限だけど、それだけに制御が超ハイレベルであると言う事実もある訳で・・・大きければ良いと言う訳ではないと言う事ですね。

そしてキキョウイベントへの伏線も一応張っておきました。キキョウ絡みはA`sの最中になるかな?

>自分としてはM.O.さんの作品がSHUFFLE!とのクロスオーバーであると明言している以上、シャッフルの事も大切にするべきだと思います。

おっと、少し説明が不足していたようです。あくまでも本編から逸脱して原作を崩さないようにすると言う意味で、これにはちゃんとSHUFFLEも含めていますとも!リリなのとSHUFFLEのクロスがメインであり、主人公は補足と最終的なキーパーソンとしての役割がメインですので♪説明不足で、不快に思われてしまったのであれば申し訳ありません<(_ _)>
言葉って・・・難しいですね。


では、また次の機会にてお会いしましょう♪

シア編読みませていただきました 投稿者:たかし - 2009/02/28(Sat) 22:08 No.28  引用する 
アイコン どうもMOさんたかしです。雑談掲示板では色々と返事をいただいたりとお世話になっております。
シア編を読んでの感想は、シアは空気は読めるがちょっと頭が足りない子、ネリネは空気は読めないが頭が良い子、って印象ですね、そして二人とも父親への扱いのひどさの片鱗が出ていますね。そして誠の方はなんというか壮大というかすごいですね神界と魔界のそんな古い歴史にかかわっていたなんてどこまですごい存在なんでしょうか?
あと、神王と魔王は当然といえは当然ですが扱いがひどいですね。まあ気にしませんけどね。
MOさんいつも楽しいお話ありがとうございますこれからも頑張ってください応援しております。また、雑談掲示板でもよろしくお願いします。

Re: シア編読みませていただきました 投稿者: - 2009/02/28(Sat) 23:49 No.31  引用する 
白玉 こんばんは、たかしさん。感想ありがとうございます。

シアとネリネの感じはまさにそれですね。対照的な二人はまさになのはとフェイト、アリサとすずかのよう。

この時点では二人ともまだ9歳と言う事で、父親への扱いは普通です。でもここから少しずつ母達と同じ風になっていってしまうのです(最終的にはSHUFFLEのアレに)。

アル関係、行き過ぎな気もしますがもっと行っちゃいます。正直に言うともっとすごい事になるかも?でもどんどん行っちゃいます!だって彼は管理局が居なくても話が進められるようなキャラなのだから!つまり彼はリリなののドラ〇もん!だけどただ凄いじゃけじゃあ終わらないです。A`s編においてはアッと驚く展開を想定していますので♪
この際チートと言われても気にしない!だってこの話には彼は無くてはならないのだから!

ちなみにあくまでも『リリカルなのは』なだけに前面に出すのはなのはないしフェイトです。オリキャラの色が強くなりすぎて原作キャラの扱いが損なわれてしまうのは本末転倒と言う考えなので、一応原作キャラは原作以上に活躍させるつもりです。

自分の書いた物で楽しんで頂けて光栄です!応援にこたえられるように粉骨砕身、頑張っていきます!

「それは運命の出会いなの? シア編」感想... 投稿者: - 2009/02/28(Sat) 21:23 No.27  引用する 
ヴィヴィオ 「それは運命の出会いなの? シア編」誤字報告
>様々な国に分かれていて神界のように王制じゃかったりとか。
「様々な国に分かれていて神界のように王制じゃなかったりとか。」だと思うのですが・・・

>「もっとも人族から見ても黄金でも漆黒でもない別の色に見えるみたいだけどね。ただ彼自身の異なって見えるのは私達のような者だけで、普通の人族にはそもそも見えないらいしよ」
「ただ彼自身の魔力が異なって見えるのは」、「普通の人族にはそもそも見えないらしいよ」だと思うのですが・・・

>「わ、分かったす」
「わ、分かったっす」だと思うのですが・・・

>「こ〜〜ら、シア。またお勉強をサボったのね。これは重要な事だから何度も教わっているわずよ!!」
「何度も教わっている筈よ!!」だと思うのですが・・・

>「その時からだったわね、ハーフの存在が認められて一般でも受け入れられるようになったのわ」
「受け入れられる様になったのは」だと思うのですが・・・

あとがきの誤字報告
>よう!神王なってのをやっているユーストマだ、よろしくな!」
「よう!神王なんてモノをやっているユーストマだ、よろしくな!」だと思うのですが・・・

感想
シアは桜並に空気を読むのが上手いですね。最初に誠に会った人物は大抵女の子に見るのにちゃんと男として見てるんですから。まあ、其れを言ったらリンディさんもそうですけど。

ちゃっかりシアの事情を見抜いている誠は相変わらず鋭いですね。此れで彼女(キキョウ)の問題が早い段階で解決するのを楽しみにしています。

今回また少しだけ誠の秘密が出て来た様で、此れが物語に如何繋がるのか楽しみです。

Re: 「それは運命の出会いなの? シア編」... 投稿者: - 2009/02/28(Sat) 23:39 No.30  引用する 
白玉 こんばんは、俊さん。誤字報告&感想ありがとうございます。

シアはスポーツ万能・家事万能・空気が読める子。
ネリネは学業優秀・容姿端麗(将来性確定)・空気はちょっと読めないかも?

まさにいろいろと対照的な二人ですが、自分にないものを持っているからこそ二人は仲が良いのかも知れないですね。
なんとなくにしろちゃんとアルの性別を理解するあたりは目はしっかりしてます。きっと桜も第一印象は間違えないかも?

今回はシアの事情を早々に察したアルが、次に来たときにでもシアキキョウ問題が進展しそうなフラグが立ちました。その辺はおそらくA`s編の最中辺りになるかと・・・

最後にフォーベシイの口からとんでもない事実が!でもこれでもまだ一部なんですよ。彼の秘密はまだまだ謎が多いのです。(ちなみに今回の事も、もっと意味は大きかったりしますが)


私的にはそれほど出来栄えは毎度の如く良いとは言えませんが、いつも感想をありがとうございます。今後ともよろしくお願いします♪ではっ。

「二月十四日の大騒動」感想 投稿者:エクシアリペア - 2009/02/24(Tue) 20:26 No.24  引用する 
アイコン どうも、久しぶりに登場エクシアリペアであります。
久しぶりの投稿+新しい感想掲示板の投稿ですから、少し緊張してしまいますね。
そんなことは置いといて、「二月十四日の大騒動」、今更ながら読ませていただきました。
やはり一番最初に言うべきことは“コレ”に限りますね。




ザッフィー壊れすぎだろ(←良い意味で)。




一体何時から君は久遠命になったのかとツッコんでしまった位です。面白いからいいですが。
そして誠&恭也は相変わらずの方向オンチ&シスコンですか…。変わりませんね(←良い意味で)。
まぁそんなギャップを持った誠が実に良いんですがね。
そういえば恭也と忍が最後まで戦っていましたが、アレ最後はどっちに勝敗が決まるんでしょかね? 3号って事は…もしかしたら1合と2号もあるって事ですよね? いつか出してくださいね。
そしてラスト、若干空気な二名様(淫獣&執務官)はアレですね。え〜っと…アウト・オブ・眼中ですね!(←ヒドッ!)
アウト・オブ・眼中〜♪ アウト・オブ・眼中〜♪

………これ以上言ったらあの一匹と1人に拘束(バインド)&串刺し(スティンガー)の集中砲火喰らうんでやめておきます。

それでは、久しぶりの投稿で少し長くなりましたが、改めて言わせていただきます。
これからもよろしくお願い致します。
それではまた次回の感想でお会いいたしましょう。それまで体を壊さずに。それでは!

Re: 「二月十四日の大騒動」感想 投稿者: - 2009/02/25(Wed) 11:11 No.25  引用する 
白玉 どうも、エクシアリペアさん。感想ありがとうございます。
久しぶりの更新となりましたが、ようやく実生活の方も内定が決まりましたので落ち着いてきました♪

『二月十四日』っと言う事は必然的にA`s編の後であり、すなわちザッフィーの久遠LOVE化は劇中にて!と言う事になるでしょう。時期もそうですが、要点を詳しく述べていないのは後の事を考えての事です。とにかく早く進めていく事にしましょう!

当方の主人公は完全無欠にしては面白くないので、いくらか欠点も付け加えています。戦いに関しても基本才能は無く、努力と時間を掛けて手に入れたものですし。むしろ作中でもあったように『天才』と言うのはなのはのような人を言うのでしょうね(もっともその代償として運動能力がハリボテ・・・もはや切れてるんじゃあ・・・ぐらいのレベルですし)。
まぁ、当面は謎の多い人で、その過去や人とのやり取りが、うちでのオリジナリティと言ったところです。あとは『幻想種』と言う設定がある以上、該当者はバンバン出しますが。

恭也vs忍はその後のネタとして小ネタぐらいで描いてみようかな?忍特製ロボが3号なのも、ある意味一つのお約束です♪1号と2号は果たして!?

最後にちょこっと、だけ出番が合った二人。クロノは一応海鳴在住になっています。これは原作通りです。はい、経過は内緒です♪
反面、某淫獣は書庫にカンヅメなので基本的にフラグが立たないんですよね〜〜でもルックスも良いし、優秀だから、部下の司書にフラグ立てちゃうかも?なのはの事を『諦めれば』輝かしいバラ色の未来が待っているのに・・・・・・

ではでは、この辺りで失礼を。またの機会もよろしくお願いします♪それではっ!

最新作感想 投稿者:ヴェルナー - 2009/02/22(Sun) 15:37 No.22  引用する 
ザフィーラ(犬) どうも、ヴェルナーです。色々忙しかった為、ようやく感想を書きます。

最初はタイトル通りバレンタインデーに起こるドタバタ物だと思っていましたが、意外と平穏(?)のほのぼのでいいのでしょうか、そんな感じの話でした。

今回はメインの恭也ですが、とりあえず合掌。
というか、忍がチョコに何を混ぜたのかが気になりますが、
突っ込みいれたらアウトなのがお約束。(マテ

自称狼もといザッフィー、久遠命的な感じに・・・いったい何があったたのか気になります。

最後にフェレット。本当にある意味でほぼ空気化(マテ)

それではお体に気をつけて頑張ってください。
それでは

Re: 最新作感想 投稿者: - 2009/02/22(Sun) 16:39 No.23  引用する 
白玉 時間的にはそろそろこんばんは・・・かな?ヴェルナーさん、感想どうもです♪

バレンタイン物だけに最初はセオリーで騒動を巻き起こそうかと思いましたが、毎度毎度主人公が被害に合うのもワンパターンなので今回は意表をついてアル達は平和的に済みました♪もっともその分外野が荒れていますが。

自身の明日と命を守る為に恭也は恋人の非常識ロボに挑みます!
まぁ、それくらい忍特製手作りチョコは酷かったと言う事で(笑)

久遠LOVE化なザッフィーはA`s編の最中にお届けします♪がんばって書かないと♪

最後にフェレットもどきの扱いはうちではこんなもので・・・彼の活躍は別のお方に譲る事にしましょう♪(マテ

それでは次回更新も頑張っていきます!では、また会う日まで!

最新話の感想です 投稿者:YU - 2009/02/19(Thu) 20:18 No.19  引用する 
フェイト(無印) どうも、M.O.さんYUです。いささか遅れてしまいましたが、最新話を読みましたので感想を書こうと思います。

まず呼んでの第一印象ですが、予想外に平穏な感じでした。個人的にはバレンタインデーと言う関係上誠へのチョコレートあげを巡って一戦怒るのではと思っていましたから自分としては意外な感じでした。けれど日常的なバレンタインもかなり良い感じでした。あとは久遠×ザフィーラの組み合わせですが今後どうなるのか激しく気になります。

それなりに書きましたが次回の更新も楽しみにして待っています!

Re: 最新話の感想です 投稿者: - 2009/02/19(Thu) 23:09 No.20  引用する 
白玉 こんばんは、YUさん。感想ありがとうございます。

バレンタインデーだけに争奪戦まがいの事を予想されていたようですが、今回は意表を突く感じで平和的に治めました♪(少なくとも”なのは達”は)
争奪戦その他は別の機会にて繰り広げる事にしましょう♪

何事も普通が一番ですからね〜〜まぁ、うちではアルは別段何もする訳でもなく、周りが勝手に騒いで騒動になっていくわけですが。アルはとばっちりを食らって最終的に責任を負わされる感じかと(かなり理不尽)。

本家本元?の「生まれたての風」のリョウさんにも賛同頂き、久遠LOVEなザッフィーをいい感じに展開していきたいと思います。

そんな訳で今後ともよろしくお願いしま〜す♪

二月十四日の大騒動の感想です。 投稿者:伏龍 - 2009/02/19(Thu) 03:38 No.11  引用する 
はやて(バリアジャケット) お久しぶりです、ちょっと私生活をはじめいろいろとありましてご無沙汰していました。
まずはM.O.さん、内定おめでとうございます。新しい職場で頑張ってください!

まず読み終わって一言、恭也くんはこれからいろいろな意味で合掌・・・・・・。
きょうやくん3号はツ○ンド○イブ装備のガン○ムですか?
それとザフィーラの変わりようはいったいA´s編で何がおこったのか楽しみです。
まあ、なのは達はなにはともあれちゃっと渡せてよかったですね、いろんな意味で楽しませてもらいました。

あとひとつ、はやてが作ったチョコの行き先は“あの人”ですよね?そうでなければシグナムもヴィータも納得しませんよね?名前は出したらまずいと思うので伏せておきます。

では、このへんで失礼します。

Re: 二月十四日の大騒動の感想です。 投稿者: - 2009/02/19(Thu) 10:58 No.18  引用する 
白玉 どうも、伏龍さん。御無沙汰です♪かなり久しぶりな更新になりましたがどうだったでしょうか?

主人公属性に不幸と苦労性は付き物なのか、これも恭也の運命と思ってあきらめてもらうしかないですね(笑)

きょーやくん3号は、速さの御神の剣士に対抗して、重装甲超火力仕様の云わば『サイコ』とか『デストロイ』みたいなイメージですね。一応「侵入者撃退・防衛」が目的ですので。1号と2号はネタとして復活させてみますかね?

ザッフィーは・・・・・・まぁいずれお分かりになるでしょう♪

今回アルには特に何もなかったです。物語の焦点はザッフィーと恭也にあてていましたので♪取り合えず結果的には平和的になのは達のバレンタインデーは終えたと言う事に。

はやてのお相手はご想像通りと言う事です♪もう何だかんだとバレている気もしますが、取りあえず引っ張ります。

ではでは、またの機会にてお会いしましょう♪

二月十四日の大騒動の感想書きます 投稿者: - 2009/02/18(Wed) 20:07 No.10  引用する 
フェイト(真ソニック)   M.O.さんまったく知られていないかも知れませんがふぁんふぁといいます。
  今回バレンタイン記念の小説が更新されていたので早速読ませていただきました。
  やっぱりM.O.さんの書かれた小説は面白いですね!キャラ同士の掛け合いなどが最高です。
  しかも今回のザッフィーには・・・笑いました。まさかそうなるとはとニヤニヤがとまりませんでした。
  他にも自分はふぁんふぁさんの書かれるキャラの中ではアルフが一番好きなので今回のアルフ視点最高でした!
  これからもM.O.さんの作品を楽しみにしていきたいと思うので本編のほうもがんばってください!

 あと最後に今回出てきたきょうやくん3号ですが1号2号もぜひ見てみたいです。少しでもいいのでどこかで出してくれると嬉しいです!

Re: 二月十四日の大騒動の感想書きます 投稿者: - 2009/02/19(Thu) 10:51 No.17  引用する 
白玉 初めまして、ふぁんふぁさん。最近、小説投稿掲示板の方に投稿されている方ですね。直接は初めましてですので、今後ともよろしくお願いします♪
小説の方は私も読ませていただきましたので、折を見て感想の方を書きたいと思います(何分それなりに時間がかかりますので、他の方の分とまとめて一緒に書き込むかも知れませんが)。

私としてはとりあえず思い浮かぶ通りに書き進めているのですが、気に入っていただけて何よりです。
今回の目玉は恭也vs忍のちょっとした痴話喧嘩とザッフィーの覚醒(?)です。ザッフィーは特に今後もこのような事はあるかも知れないです♪

アルフはうちではおおよそアリシアと久遠のお守(?)的立場に落ち着いています。イメージとしては狼のアルフの背にご機嫌なアリシアと人型(小)の久遠が乗っている感じです。何だかんだで久遠はアルフに懐いていますので。あと、二人に何かあったらリニスに怒られるのもアルフですが(笑)

今後とも頑張っていきますので、応援よろしくお願いします♪


P.S.きょーやくん3号ですが、3号だけに1号と2号はあったと言うのは必然ですが、これは忍が作る上で失敗しちゃったやつですね。でも、別な面で何かにネタに出来そう・・・

二月十四日の大騒動の感想です 投稿者:たかし - 2009/02/18(Wed) 19:06 No.9  引用する 
アイコン どうも、たかしです。MOさん雑談掲示板で意見を書いてくださりありがとうございます。早速、MOさんの小説が上がっていたので読みました。
 ザフィーラのキャラが壊れているのにびっくりしました。アニメでも他の小説などでも影が薄くあまり意識していないキャラなのでインパクトがすごかったです。
 そして、アリシアとリニスはやっぱり復活するんですね、そういえばプレシアさんが出ていなかったのですがプレシアさんはどうなったのでしょうか?
 ユーノの扱いは妥当でしょう、ユーノ、君にもう出番もやさしい扱いもないのだよ。
 なのは達は忍と恭也の争いで、恭也へのお仕置きの件を忘れているようですね、結局なのは達は恭也にお仕置きしたんでしょうか?
 今回も楽しいお話ありがとうございます。とても楽しめました本編の続きも待っています。
 ですが、無理はせずに頑張ってください。

Re: 二月十四日の大騒動の感想です 投稿者: - 2009/02/19(Thu) 10:43 No.16  引用する 
白玉 どうも、たかしさん。感想ありがとうございます。
ライダーは私も結構見ているので、ライダーに限らずたくさん話し合いましょう♪

ザッフィーはうちだと久遠が絡めばだいたいこんな感じです。それ以外は生真面目を絵に描いた硬派ぶりですが。個人的にも好きなキャラでもありますので、以降もそれなりに取り合えげ行くつもりです。

アリシアとリニスは復活予定です。プレシアに関しても諸々の事情は無印編の完結を持って御説明したいと思います♪

ユーノはずっとこんな感じでしょう。彼の活躍は他の作者さんにお任せする、と言う事で♪

なのは達は、アルにようやく出会えたことで恭也の事をすっかり忘れています。唯一なのはだけが恭也がいっしょに居ない事に気付きましたが(でもお仕置き云々はきれいさっぱり)。後々恭也は結果的には酷い目にあうので、そこに追い打ちをかけるのはさすがに酷かと思い、忘れちゃったと言う事で。その辺りは希望があれば小ネタとして『小説投稿掲示板』にでもUPしたいと思います。

私としても楽しんで頂けているという事が何よりの励みになりますね〜これからも頑張っていきますので、今後ともよろしくです!

二月十四日の大騒動の感想です 投稿者: - 2009/02/18(Wed) 18:48 No.8  引用する 
ヴィータ どうも、M.O.さん。バレンタイン記念小説読ませて頂きました。
時系列的にはA's後って感じですね。
色々事件があった末に、クロノの株も恭也並には回復してきた様です。ユーノは相変わらずのようですがその辺はご愛嬌?

八神家の方では何やら劇的な変化があった様ですね。
狐に恋する狼。ザフィーラの暴走ぶりがなんとも面白かったです。
次にフェイト達を出し抜いてザフィーラの協力を得るというアリシア。何気にちゃっかりとしてますが、それが裏目にでるのも仕様ですね。

恭也と忍の痴話ゲンカは見ていて微笑ましいです(実際そんな生ぬるいものじゃないんでしょうけど。。。)
そして、現れたきょーやくん3号。ものすごく熱いが実はくだらない決戦が今ここに!

今回も楽しませて頂きました。本編・リレー共にお互い頑張りましょう!

Re: 二月十四日の大騒動の感想です 投稿者: - 2009/02/19(Thu) 10:36 No.15  引用する 
白玉 どうも、梅さん。感想ありがとうございます♪

時系列的にはA`s編の後で間違いはないです。その次の年なのかはたまたその次なのかは想像にお任せしますが。

クロノ&ユーノはとりあえず私の頭の中ではこんな位置づけです。たぶん変わる事は無いでしょう(でもいつか陽の目を浴びる事もあるかも?)。

八神家の変化。それもA`s編での見せ場の一つですね。原作まんまではなくそれなりに独自色は設けるつもりです。ひとまずザッフィーの久遠LOVE化は劇中にて。

私にとってアリシアとはおおよそこんな感じです。頭脳明晰なので以外に策士な面があるも、欲をかくと裏目に出てしまうおっちょこちょいなところもあったり♪

「喧嘩するほど仲が良い」と言いますし、仲睦まじいだけではないんですよ、きっと。稀に意見が違える時もあるでしょうから、今回はそれを描いてみました。
ただ、その喧嘩風景はかなり殺伐としていますが(笑)片や神速の剣術に、片やビームを使うロボットですし!(月村家のセキュリティにはたしかビームがあったはず・・・)

きょーやくん3号は、そのネーミングセンスの無さから恭也とは似た者通し、類は友を呼ぶ、みたいな感じにしてみました。恭也の名前を付ける辺り忍の心の内が表れていると言った感じです♪


さて、私も内定が決まりましたので企画の方にもじゃんじゃん参加していきたいと思います♪では、また次回にて。

『二月十四日の大騒動』の感想です! 投稿者:漆黒の流星 - 2009/02/18(Wed) 18:33 No.7  引用する 
アイン 久しぶりの更新ですね、M.O.さん!!漆黒の流星です!
内定がまだのようですが、大丈夫ですよ!きっと!!
・・・それでは感想です。

先ず、恭也ですが・・・
うん。バレンタインデーという神聖な儀式(?)から逃げた君には神罰が下ったんだ。ただそれだけだよ、恭也・・・。
でも、忍もまさかプレゼントに細工を仕掛けるとは・・・流石は忍、抜け目が無いな。
・・・取り敢えず、忍という彼女を持った恭也に合掌。

なのはたちは無事に誠にチョコを渡せたようでなによりです。
えぇ、やっぱりほのぼの系は良いですよね〜♪
なのはたちにはこれからも誠に尽くして欲しいですね〜

・・・ザフィーラ、ドンマイだ。憎むのは無知なるヴィータとむやみに冷蔵庫に保管しておいた己自身だ。
久遠一途も良いけど、アルフたちのことも忘れるなよ〜

そして淫獣・・・もとい、ユーノは完全に記憶から抹消されているようで・・・クロノも少しは貰っているのに、自分は貰えないとは、さぞ悲しいっことでしょうねぇ。
まぁ、原因は自分自身なんだから自業自得なんでしょうけどねぇ・・・・・・

それでは、シア編も待ってますよ〜〜〜

Re: 『二月十四日の大騒動』の感想です! 投稿者: - 2009/02/19(Thu) 10:21 No.14  引用する 
白玉 どうも、漆黒の流星さん。感想ありがとうございます!
内定の方は昨日ようやく決まりましたので企画の方にもようやく参加できそうです。

バレンタインデー・・・女性にとっては一大イベント。でも男性にとっては喜ばしい反面、翌月に3倍返しが待っているので後々を考えるとちょっと微妙?お返し目的で義理を渡す人もいるでしょうし。しかし、恭也にはもちろん本命!(って言うか違ったらそれはそれで問題)でも忍の気持は嬉しくても命には代えられなかったんですよね〜〜人とは生きようとする生き物なのですよ〜
忍は忍でプレゼントに発信器を仕掛けているという抜け目のなさ・・・本当に大丈夫かこいつら?な関係ですが、絆はバッチリですね♪いろいろと騒動は巻き起こすでしょうけど(主に忍が)。

対してなのは組は平和です。ほとんどアルは目立たなかったです。でもたまにはいいでしょう、こう言うのも。

ザッフィーは起こるのも無理は無いけど、無暗に冷蔵庫に保管した方も悪いですね(しかも一番目立つところ!)。ヴィータは運が悪かったと言う事で(笑)
ちなみにアルフは良き相談相手であると同時に、久遠のガードマン的立場かな?

ユーノはすっかり忘れられています。なまじ無限書庫に居る事がそれに拍車を・・・クロノは一応海鳴にも住居がありますし。自然と差が出てくるわけですよ。(ちなみにハラオウン家の海鳴在住に関してはノーコメで)


ではでは、次回もお楽しみに〜

二月十四日の大騒動の感想です 投稿者:ムーン - 2009/02/18(Wed) 18:01 No.6  引用する 
リインU M・О様 小説の感想です

遂に主人公にとっては別にたいして問題ない行事ですが
恭也にしてみれば最悪の行事だね、忍よ一体なんのチョコを創ったのだ・・・恭也達の生存本能が逃げろと察知するほどの^^;;


しかもだ嫉妬に狂い掛けていた忍も恭也と一緒になにバトルに熱中しているのだ。そんなことをしていればバレンタイデーの
時間は確実に過ぎるよいいのかそれで?

もっとも主人公もなのはたちから確実な本命チョコをゲットできたけど・・・・アリサのツンデレブリは良いね

流石だよ中の人つながりもやはりツンデレ属性の役が多いですからね。


しかしヴィータよ幾ら最近犬かしかかっているとはいえザフィーラのチョコを奪うなんて・・・大好きな人からの義理チョコとは言え・・・・良く命知らずの行為をしたもんだな。

せめて嫉妬団になったザフィーラ相手に何とか逃げ切ってくれ。


Re: 二月十四日の大騒動の感想です 投稿者: - 2009/02/19(Thu) 10:11 No.13  引用する 
白玉 どうも、ムーンさん。久方ぶりの更新ですが感想ありがとうございます。

今回はどちらかと言うと恭也が発端であり、アルはわりと脇役?でもまぁ、主人公だからと言って必ず目立たなければならない訳ではありませんからね。常識に囚われない自分色の作風を築きたいものです♪

忍のチョコはとりあえず劇中のような結果を招くほどの物・・・と言う事にしておきます♪
でも、最終的には日付が変わる前に目的は――直前まで忘れていたけど――達成できたそうな・・・
その辺り、小ネタでやってみるかな?

恭也達と違って、実に平和的なアルside。でもアリサのツンデレ分も忘れていないです♪やっぱりこう言う時にこそ必須ですし。

ザッフィーのチョコを食べてしまったヴィータ。要因は、一に「バレンタインの詳細を知らなかった」。二に「ゲートボール大会で奮闘して、ちょうどお腹が空いていた」。三に「帰ったら各人は席を外しており、仕方なしにいつも通りに冷蔵庫を開けたらそこにはチョコレートと思わしき物が」。四に「ヴィータは甘い物が大好きで、目の前の獲物と空腹に我慢が出来なかった」・・・と言う訳です。
せめて一つでも違っていればこの結末は違っていたかも知れないです・・・・・・なんちって♪

と言う訳で次回も頑張ります♪

P.S.最近感想を書けずに申し訳ないです。折を見て他の方の分と一緒にまとめて書くと思いますのでよろしくです<(_ _)>

「二月十四日の大騒動」感想 投稿者: - 2009/02/18(Wed) 17:26 No.5  引用する 
シャマル お久しぶりです、M.O.様!サヴァイブです!

いや〜、最近感想を書けずにすみません。おまけに折角こちらの感想を書いてくれたにも関わらず、まったく返答できなくて。現在は少し時間ができましたので、折角小説を更新されたみたいですから感想をお送りしたいかと。

しかしアレですね〜。バレンタインというイベントは、1年を通して女性にとっては特別なイベント。にも拘らず、恭也は逃げ出しましたか。まぁ、理由があるのですからしかたないことだとは思うんですけど・・・・・恭也、やってしまったな。忍を怒らせるとは。お話的にはこの後どうなったのか描かれていませんけど、きっと凄まじい事になるんでしょうね〜。いやはや、もうなんと言って良いのか・・・・。

なのは達が誠にチョコを渡している場面は、ホノボノとしていて個人的に優しい気持ちになりましたね。やっぱり、小説というものはこういうモノの方が良いですね。シリアスも良いんですけど、やはり読み手を安心・・・・というか、優しい気持ちにしてくれるお話の方が良いですからね。

しかしザフィーラ、まさか久遠から貰ったチョコをヴィータに食べられて、あそこまで激怒するとは!?いやはや、もはや彼にとって久遠は神にも等しい存在なんですね〜。その神にも等しい久遠から貰ったチョコをヴィータに食べられるとは。激怒する気持ちも判りますよ。まぁ、あの後バトルがどのように続いていくのかが、個人的に気になりますね〜。

そしてラストに淫獣。いや、彼にチョコが送られないのは当然なのでは?というより、なのはは普通に存在そのものを記憶から抹消していますし。クロノは何だかんだといってなのは達を助けていますから当然の事なのかも知れないですけど、ユーノよ・・・・・お前に春が来る事は、殆どないよ。特になのはからは!!(爆笑

しかしはやてはしっかりとチョコを渡せたのでしょうか?というより、相手は?無論、稟なのでしょうけど。と言うよりも、話の展開的にしっかり渡せたみたいですから、はやてにとっては今日という日は良い事ばかりだったのでしょうけど。

ではでは、今回はこれにて!次回の更新はどんなお話なのか!?楽しみにしています!!

Re: 「二月十四日の大騒動」感想 投稿者: - 2009/02/19(Thu) 10:10 No.12  引用する 
白玉 どうも、サヴァイブさん。お久しぶりです♪
お互い何かと忙しかったですからね〜、私の方も感想に至っては全部に手は付けられなかったので少々心苦しくもありますが・・・
それはそうとお返事を!

バレンタイン・・・それは恋する乙女にとっては一大イベント!実際は某お菓子メーカーの策略ですが、何にせよチョコと言うきっかけを持って告白に至り、新たなカップルが誕生するのは喜ばしい事でしょう。まぁ、私には無縁のものですが。
しかし恭也は事前に見た驚異の現場のせいで、本能の赴くままに逃走!あえて恭也に味方するなら『君は愛さえあれば、例え竹やりを武器にしてレベル1で魔王に挑む方が万倍マシだとしても、食えば必ず後悔すると分かりきっている――下手するとマジであの世行きかも?――ものを食えるのか!?』・・・っと言ったところです。まぁ、それくらい今回の忍の自信作は大抵の事は許容出来るし、相当器のデカイ恭也でも本能が逃げろと告げるものだと言う事です!もっと具体的に言うと某「白い魔王」が「x1000」を一度に相手をする、みたいな?

しかしそれは恭也の言い分、当人にはとても許容出来るものではなかったのです。そしてそのまま互いの意地と想いをかけた真剣勝負に突入!!(けど、どこかくだらない)

その頃のなのは達は実に平和的にバレンタインデーを満喫。わりと近場で起きている激闘の事は・・・まぁ、『知らぬが仏』ですね♪

当方では『ザッフィーx久遠』プロジェクトを始動しました!!もちろん一方通行なのはお約束!!だけど『信じる者は救われる!』・・・・・・かも知れない。
間が悪い事に、事情を知らないヴィータと迂闊にもそんな大事な物を一時でも手放したザッフィー。偶然と不幸が重なって・・・挙句の結果がアレと言う訳です。怒れる魔獣や如何に!?

さて、気の迷いか最後にだけちょっぴり登場したユーノ。彼もなのはに関わらなければ幸せな未来は約束されているんですけどね。そうはならないのは彼のなけなしの意地と言う物でしょうか。たぶんそれなりに引っ張るかも。

はやてはもちろんちゃんと目的は達成です。しかしその事は今は言及しないでおきましょう♪


ではでは、サヴァイブさんの方も楽しみにしています。いづれまたの機会にて〜〜

「二月十四日の大騒動」感想 投稿者: - 2009/02/18(Wed) 02:18 No.3  引用する 
スバル 「二月十四日の大騒動」誤字報告
>「そやけどなのはちゃん、厨房の厨房を借りちゃってほんまに大丈夫なん?」
「そやけどなのはちゃん、翠屋の厨房を借りちゃってほんまに大丈夫なん?」だと思うのですが・・・

>やっぱり手作りの方が心がこもるし、自分で作ったもの食べて貰ったほうが嬉しいし。
「自分で作ったものを食べて貰ったほうが嬉しいし。」だと思うのですが・・・

>事は一を争う。
「事は一刻を争う。」だと思うのですが・・・

>「そうれはそうだけど・・・・でも焦ったって仕方がないよ?もっと冷静になろうよ、アリサちゃん」
「それはそうだけど」だと思うのですが・・・

>はやてちゃんだって今回の事には関係は無いのに手伝ってくれている。
「はやてちゃんだって今回の事には関係無いのに手伝ってくれている。」だと思うのですが・・・

>すずか、大至急なのはちゃんとフェイトちゃんの呼び戻して!」
「すずか、大至急なのはちゃんとフェイトちゃんを呼び戻して!」だと思うのですが・・・

>未だかつないほどの速度で人型に変化したザフィーラはすかさず久遠をキャッチ、
「未だかつてないほどの速度」だと思うのですが・・・

>「あぁ〜あ、服もびしょぬれになっちまったよ。このままじゃあ風邪を引いてしまうね」
「風邪を引いちまうね]だと思うのですが・・・

>早い事誠を見つけて風邪を引かないように身と貰わないとね。
「早い事誠を見つけて風邪を引かないようにして貰わないとね。」だと思うのですが・・・

>「物事には限度と言う物があるんだ。いくら俺でも“アレ”を食べて生きていられる自身は無い!今回ばかりは断じて拒否する!!」
「生きていられる自信は無い!」だと思うのですが・・・

>「だが所詮はロボット。いくら非常識を絵に描いた忍の特製とは言え俺に神速に対応できるとは思えないが?」
「俺の神速に対応できるとは」だと思うのですが・・・

>「わ、分かっているわよ・・・・・・っと、その前に。なのは、いい加減にいつまでもしがみついていないで離れなさい!!」
「その前に。なのは、いい加減いつまでもしがみついてないで離れなさい!!」だと思うのですが・・・

>シャマルが少し溶けかかっているのに気づいて、あっせたザフィーラが冷蔵庫に大切に保管したんよ。
「焦ったザフィーラが冷蔵庫に大切に保管したんよ。」だと思うのですが・・・

>「はいはい・・・分かったよ・・・・・・ん?ところでクロノ、その端に移っている物は何?」
「その端に映っている物は何?」だと思うのですが・・・

感想
幾ら愛しているからってプレゼントに発信機は遣り過ぎな気がしますね。まあ、其れだけ想ってるんでしょうけど。

久遠命のザフィーラは報われないと気付くのは何時に成るんでしょうね?

クロノ意外に忘れられているユーノに幸あれ・・・?早くなのはを諦めて恋人を作れば良いのに。

本編の更新も楽しみにしています。

Re: 「二月十四日の大騒動」感想 投稿者: - 2009/02/18(Wed) 13:09 No.4  引用する 
白玉 どうも、俊さん。誤字報告と感想をありがとうございます♪
今回、新掲示板においては一番乗りですね♪

さて、忍ですが恭也へのプレゼントに発信器を仕込んでいたのは元々は緊急時に居場所を特定する為でした。それを本人に言わなかったのは持ち前のお茶目ゆえかと♪しかし、あれで結構独占欲は強いので浮気をしないように監視する意味合いもあったかも知れません。

次に久遠命なザフィーラ。「生まれたての風」のリョウさんにも賛同頂き、このまま押し通すつもりです!でも結果がどうなるであろうかはお約束・・・・・・かな?しかし努力する事に意味が無いわけでもなく今回のように報われるような時もあるでしょう。結果的にはヴィータにチョコを食われて怒り狂いましたが。

クロノはあれで結構モテるし、出番も多いです。A`s編においても見せ場はちゃんとありますし。対してユーノは・・・・・・なのはにさえ拘らなければ幸せはすぐに掴めるんですけどね〜中性的な顔立ちとは言え、ルックス・地位・財力(司書長と言う一部署の責任者だけに少なくともなのは達よりは高給与だろうと推測)と申し分ない物を持っているので。お相手は部下の司書の割となのは似の女性とか?人間・・・諦めが肝心、と言う時もありますし。


次回こそはシア編のアップして本編に戻ります!いい加減間が空きすぎて忘れられてそうですけど頑張ります!ではっ!!

テスト 投稿者: - 2009/02/05(Thu) 18:51 No.1  引用する 
虎玉 リレー小説掲示板製作に伴い、どうせならと二次小説感想掲示板をリニューアル案として新たに設置。
既存分のバックアップは当然取っていますが、どっちが良いでしょうか?

by 管理人M.O.

Re: テスト 投稿者: - 2009/02/05(Thu) 19:12 No.2  引用する 
白玉 表示の切り替えはワンタッチで変更可能です。

アイコンは一応全部登録済みです。

Page: | 1 | 2 |

投稿者 No. 削除キー

- YY-BOARD - icon:MakiMaki
- Antispam Version -