070430

このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment
二次小説感想掲示板

[ホームに戻る] [スレッド表示] [ツリー表示] [トピック表示] [新着順表示] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
[ 指定コメント (No.84) の関連スレッドを表示しています。 ]

M.O.さんへ 投稿者: - 2009/04/04(Sat) 00:07 No.84  引用する 
フェイト(真ソニック) ふぁんふぁです!!遅くなりましたが感想書きます!!

・・・すでに皆さんいろいろ書かれているのであえて自分がもっとも印象に残ったところの感想を書きますね!

それはズバリ!・・・プレシアですね(皆さん一番書いてるとこですね・・・)

まさかあそこまで壊れてしまうとは・・・原作以上・・・それに私の小説と完全に逆の性格なので・・・驚きました・・・最後のほうとか大笑いでしたしね・・・そして新たに出てきた「賢者の石」なもの・・・アルくんはよほどそれが危険なものだと知っているようで今後に注目ですね♪
それにアルくんは最後に「あなたを殺してでも」とか言っていて・・プレシア殺しちゃうんですか?それだけが心配です・・・自分的にはプレシアには少しでも幸せになって欲しいので・・・勝手なことを言ってすいません・・・

それでは今回も楽しく読ませていただきました!

次の話もがんばってください!!

それでは!!

Re: M.O.さんへ 投稿者: - 2009/04/04(Sat) 14:06 No.85  引用する 
モコナ(白) こんにちは、ふぁんふぁさん。感想ありがとうございます♪

今回、一番インパクトがあったのはおそらくプレシアでしょう。まぁ、ちゃんと理由はあるんですが、原作比150%の極悪度となっております。
普段とはまるで違うアルのセリフは彼自身の日常と非日常(ジェルシード絡み云々はまだ日常の範疇)で差を付ける為に、ラストでのあの一言となりました。
ポイントとしては、依存しきっているぐらいに浸透しているなのはの目にどう映ると言うのかが、今後の注目点になるかも知れませんね。
取り合えず結末についてはすでに決めていますが、ある作品の流れを参考にしつつ、ただ終わるのではなくて最後には「和解」と言う形も用意しております(誰と、とは言わない)。
「賢者の石」・・・真名は『超魔の欠片』ですが、次回でとんでもない事に!!人が過ぎた力を持つと大抵良くない事態に陥るのが常と言うもの・・・・・・

そんなこんなで、次回も頑張っていこうと思います。更新速度はふぁんふぁさんを始め、他の作家陣には及びませんが何とか早めに仕上げたいと思います。と言う訳で、再び執筆に!それではこれにて失礼をば。

投稿者 No. 削除キー

- YY-BOARD - icon:MakiMaki
- Antispam Version -